【完全版】インディペンデントのアーティストが音楽を配信・販売する方法

sponcered by







昔は、多くの人に自分たちの曲を聴いてもらうためには、レーベルに所属して、音源をつくり、全国のショップにCDを並べて、買ってもらう必要がありました。

しかし、インターネットによって状況は大きく変わっています。

そこで今回は、インディペンデントのアーティストが、どのようにしてファンやリスナーに音楽を届けることが出来るかを書いてみたいと思います。

音楽をアップロードして聴いてもらう方法

まずは、無料でもいいから音楽を聴いてほしいという方に向けた方法です。

SoundCloudかYouTubeの二択

ファンに無料で音楽を聴いてもらう場合、音源をアップロードすべき場所は、SoundCloudかYouTubeの二択だと思います。

その理由は、いくつかあります。

  1. フォロワーが増える仕組みが整っている
  2. アナリティクス機能が優れている
  3. 人が多く、関連コンテンツから聴いてもらえる

まず、SoundCloudには、ツイッターのように「ファンがアーティストをフォローする機能」があります。YouTubeにも「チャンネル登録」という似たような機能があります。

たまたま音楽を聴いて「良いな」と思ってくれた人が「フォロー」や「チャンネル登録」をしてくれた場合、次の曲をアップロードしたときに、そのリスナーの人たちに通知が飛びます。つまり、音源をアップしていく活動が、ファンベースを育てていく活動にも繋がることになります。

また、SoundCloudもYouTubeもアナリティクスの機能が非常に優れています。

どんな性別の、どんな年齢の人たちが自分の曲を聴いてくれているのか、どこから自分の曲にたどり着いてくれたのかということが分かるようになり、曲作りにも活かすことができます。

最後に、「関連動画」などに表示されることで、他の動画を見ていた視聴者が自分の曲にたどり着いてくれることがあります。SoundCloudも、一曲の再生が終わると、自動的に関連性の高そうな曲が再生される仕組みになっています。

このように、大きく3つの点において、音楽を配信する人にとって、SoundCloudとYouTubeは非常に優れたプラットフォームとなっています。

続いて、SoundCloudとYouTubeの個別のメリットを見ていきましょう。

SoundCloudは手軽に音源ファイルをアップできる

SoundCloudのメリットは何といっても動画をつくる必要がない点にあります。

音源をつくってWAVファイルで書き出したら、そのままサムネイル画像をくっつけてアップするだけで、すぐに聴いてもらうことができます。

この手軽さがSoundCloudの魅力だと言えるでしょう。

一方で、SoundCloudはサンプリングに非常に厳しく、アップした曲が削除されてしまうことが多々あるので、サンプリングしている楽曲をアップする場合には注意が必要です。

YouTubeは動画をアップすることができる

YouTubeのメリットは動画を投稿できる点です。

Music Videoやリリックビデオを投稿するのであれば、YouTubeを選ぶことになるでしょう。

また、音楽を聴く以外の目的で見ている人も多いため、ユーザーが多いという点でもYouTubeにアップしておくメリットがあります。動画をつくることが出来るのであれば、ぜひYouTubeを活用したいところです。

また、YouTubeの場合は一定の条件を満たすと、再生時間に応じて広告費を受け取ることができます。これもYouTubeのメリットだといえるでしょう。

プロもSoundCloudやYouTubeでアルバムを配信

SoundCloudやYouTubeは無料で音楽を聴いてもらうプラットフォームなのでアマチュアのアーティスト向けなのではないかと思われるかもしれませんが、海外のトップアーティストもSoundCloudやYouTubeで音源を配信しています。

流通にも乗せるアルバムを、YouTubeでも全曲フルでアップするというのは、海外のアーティストにとって普通のこととなっています。

音楽をしているなら、まずは自分たちの曲をSoundCloudやYouTubeにアップしておくようにすると良いでしょう。

音楽をSpotifyなどでストリーミング配信する方法

続いて、音楽ストリーミングサービスに、自分たちの曲を配信する方法を説明します。

音楽ストリーミングサービスというのは、SpotifyやApple Music、Amazon Prime Music、AWA、LINE MUSICといった月額制で音楽を聴き放題といったサービスです。

こうしたサービスに音楽を配信しておくと、再生回数に応じて、アーティストにお金が支払われます。

配信業者を使う

上に書いたような音楽ストリーミングサービスに自分たちの音楽を配信するためには、配信業者に頼むのが一番簡単な方法です。

日本では、主にTuneCoreとフリクルという2つのサービスが有名です。

TuneCoreで配信する

TuneCoreの場合は、音楽を配信するのにお金が掛かります。

料金は、以下のようになっており、基本的にはシングルであれば年間で1,410円、アルバムであれば年間で4,750円をTuneCoreに支払います。

配信期間 <シングル> <アルバム> <リングトーン>
・1年間 1,410円 (税抜き) 4,750円 (税抜き) 1,410円 (税抜き)
・2年間 2,650円 (税抜き) 8,560円 (税抜き) 2,650円 (税抜き)
・3年間 3,790円 (税抜き) 12,370円 (税抜き) 3,790円 (税抜き)

その代わりに、Appleなどから入る売上は、TuneCoreの中抜きなしに、全てアーティストに入ります。

インディペンデントで巨大なファンベースを獲得し、2018年にはアメリカ最大規模のフェスであるCOACHELLAへの出演も果たしたラッパーのRussもTunecoreを利用していると語っています。

Russ:俺は他のアーティストと違って、業界への繋がりとかは全くなかった。ラジオやテレビの繋がりもなかったし、むしろこの番組の繋がりもなかった。もしそのコネクションがあるなら、別にそれでいいと思うんだ。自分のシチュエーションを考えてみたんだ。俺の曲たちはすでにヤバイ感じで売れていたし、200曲ぐらいのカタログをTunecoreでリリースしていた。Tunecoreを知らないラッパーがいたとしたら、それはまじでヤバイから調べたほうがいい

現代のアーティストにとって理想な「契約」をRussから学ぶ。アーティストが搾取されないために

「TuneCoreを知らないラッパーがいたとしたら、それはまじでヤバいから調べた方がいい」とまで言わしめたサービス。

インディペンデントで活動しているアーティストの方は、TuneCoreのウェブサイトに登録してみてください。

フリクルで配信する

ストリーミングに配信するもう一つの方法は、フリクルの活用です。

フリクルはもともとアーティストがメルマガを配信できるサービスとしてスタートしましたが、今では「バーチャル・プロダクション」と自身を位置付けており、SpotifyやApple Musicへの音楽配信も行ってくれるようになっています。

TuneCoreと比較した場合のフリクルのメリットは、配信にかかるお金が0円であることです。

その代わりに、収益が発生した場合には、TuneCoreは全額をアーティストに支払っていたのに対して、フリクルの場合は、その一部を手数料としてフリクルが受け取ります。

売上が立つ自身があるならTuneCore、とりあえず配信ならフリクル

2つのサービスの使い分けに際しては、売上を立てる自身があるなら、全額が入ってくるTuneCoreを利用して、とりあえず配信だけしておきたいということならフリクルを利用するのが良いでしょう。

音楽をダウンロード販売する方法

続いて、iTunesに代表されるように、音楽のデータだけをインターネット上で販売する方法です。

TuneCoreやフリクルを通じてiTunesで販売する

iTunesなどで販売する場合は、先ほどと同様にTuneCoreやフリクルを使うことで、プラットフォーム上に音楽を配信することができます。

そのため、これら2つのサービスについては、まずは登録しておくと良いでしょう。

BandCampはアーティストが音源を販売できる

iTunesなど以外で販売する方法としては、BandCampを利用する手があります。

BandCampはアーティストが自分で音楽をアップロードして、価格を自由に決めて、販売することができるウェブサイトです。BandCampが取る手数料は最大で15%です。

以下の記事では、BandCampの詳しい使い方を説明しているので、興味がある方はご覧ください。

超簡単!Bandcampで曲を売るための手順を解説。

CDを通販する方法

最後に物理的なCDを通販で販売する方法について書きたいと思います。

BASEでショップをつくろう

インターネットで、ダウンロード販売が落ち込み、ストリーミングが全盛期と言われている時代ですが、やはりCDを売ることにこだわりたい!というアーティストの方もいると思います。

そんな場合は、自分でショップを開店して注文を受け付けて、自分で発送作業を行うことで、流通業者の中抜きを防ぐことができます。

無料で簡単にショップをつくるサービスとしては、BASEが有名です。

BASEのメリットは、CDだけでなく、TシャツやiPhoneケースなどのグッズも販売することができる点にあります。

また、BASEではTシャツのデザインだけをアップロードしておいて、注文があったら勝手に刷って送ってもらうというサービスも利用することができるため、在庫を抱えずにグッズの販売を始めることができます。

大人気のネットショップサービスなので、まずはBASEに登録してみてください


インディペンデントで活動できる時代

あちらこちらで言われていることですが、今はどんどんアーティストがインディペンデントで活動できる時代になってきています。

SoundCloudやYouTubeを大前提に、TuneCoreBASEといったサービスを上手に利用して、音楽活動を楽しんでください。

sponcered by







▼洋楽ラップの解読なら▼