「 アートとデザイン 」 一覧

ドワンゴ会長がジブリに見習いで入社!?『コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと 』がおもしろい。

  筆者の川上量生氏はニコニコ動画を作った人物 この本を書いた川上量生氏は、KADOKAWA・DWANGOの代表をしている人物です。 つまりニコニコ動画を作った人で

続きを見る

“独りよがりの芸術”から脱却するには?村上隆『芸術起業論』にはヒントがたくさん。

村上隆って誰だ?と思う方も多いかもしれません。 村上隆は、欧米で評価されている日本人の芸術家です。 ヒップホップ界隈での彼の仕事を見ると、Kanye Westの『Graduatio

続きを見る

圧倒される作品量!多作すぎるティム・バートンの作品展に行ってきた。

行こう行こうと思ったまま、終わってしまいそうだったので、一念発起して森ヒルズのティム・バートンの作品展を観に行ってきました。   圧倒的な作品量 まず驚かされるのは

続きを見る

「インタビューが大嫌い」。ファレルがインタビューを嫌う理由とは。

part1:『「色を明るくすることで、人の感情も明るくしたい」。ファレル・ウィリアムズの色へのこだわり』 part2:『「プレハブ・ハウスのイメージを変えられたら、人はもっと安価に家を買

続きを見る

「プレハブ・ハウスのイメージを変えられたら、人はもっと安価に家を買える」。ファレルがプレハブ・ハウジングのプロジェクトに取り組む理由。

part1:「色を明るくすることで、人の感情も明るくしたい」。ファレル・ウィリアムズの色へのこだわり』   ザハ・ハディトとのプレハブ・ハウジングプロジェクト サブプラ

続きを見る

「色を明るくすることで、人の感情も明るくしたい」。ファレル・ウィリアムズの”色”へのこだわり。

ダクラ社CEO・クレイグ・ロビンス氏、ファレル・ウィリアムスとの対話(元の動画はこちら)   色を明るくすることで、人の感情も明るくしたい。ファレルの"色"へのこだわり。

続きを見る

“Mat Franco”。この手品師の名前を覚えておいた方がいい。

  Mat Franco。 僕たちはこの名前を覚えておいた方がいいでしょう。   https://www.youtube.com/watch?v=7nrJe

続きを見る

ティム・バートン風にポケモンを描いたシリーズが面白い。

Pinterestを漁っていたら、ティム・バートン風にポケモンを描いたシリーズがあって、おもしろかったので紹介してみます!   フシギバナ いかつい!

続きを見る

映画『ファッションが教えてくれること』。流行を作る人たちの仕事に迫る。

「流行なんて一部の人たちが作ってる」。その一部の人たちに光を当てる。 https://www.youtube.com/watch?v=nlS3vacK2Vg   『VOGUE』

続きを見る

『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』はこうして出来た!ティム・バートンが絵を見せながらストーリーを話し、ダニー・エルフマンが音楽をあわせて作曲。

今月から六本木ヒルズタワーで「ティム・バートンの世界」という展覧会が始まったということで、今月号の美術手帳はティム・バートン特集でした。 ティム・バートンといえば『ナイトメア・ビフォア・

続きを見る

「動かない奴らは何がその後に起こりうるかという妄想の奴隷になっている」。カニエ・ウェストの語る、理想の現実を追い続ける姿勢。

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与えてしまう芸術作品を作る」。カニエが語る『YEEZUS』で目指したものとは。

続きを見る

「音楽なら2億円で製作して、庶民的な価格で販売できる。服は現状、そうはいかない」。カニエ・ウェストが語る、服業界の抱える問題。

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与えてしまう芸術作品を作る」。カニエが語る『YEEZUS』で目指したものとは。

続きを見る

「アウトプットの引き出しがたくさんあれば、一つ一つで我侭にならなくて済む」。カニエの向かう先は服のジョイント・ベンチャー?

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与えてしまう芸術作品を作る」。カニエが語る『YEEZUS』で目指したものとは。

続きを見る

「自分を何様だと思ってるかって?さっき言っただろ、神様だよ!」。お前は何でも出来る、と言われて育てられたカニエの成功観。

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与えてしまう芸術作品を作る」。カニエが語る『YEEZUS』で目指したものとは。

続きを見る

「黒人が音楽スターとして活躍することを可能にしたのはマイケル・ジャクソンだった」。マイケルよりも上に手が届いたときに、カニエが感じたクリエイターとしての壁。

・このインタビューの元動画はこちらです。 ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与えてしまう芸術作品を作る」。カニエが語る『YEEZUS』で目指したものとは。

続きを見る

「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与えてしまう芸術作品を作る」。カニエが語る『YEEZUS』で目指したものとは。

・元動画はこちらです。   『YEEZUS』でカニエが提示したかったのは、芸術としての音楽の再興だった ラジオ向けの曲調に寄り添わず、200年後に聴いて傑出しているアルバムを目指し

続きを見る

リズムを描いた画家、ホドラーの変遷がおもしろい!展覧会に行ってきた。

先日、上野の国立西洋美術館で開催されているホドラー展に行ってきました。 かなりおもしろくて、久々にカタログを買ってしまったほど。 さて、ホドラーはリズムを描いた画家なのですが、その

続きを見る

集めてみた!TYLER THE CREATOR率いるGOLF WANGのアメリカン・ポップなフライヤー集。

Tyler the CreatorのFacebookページを眺めてたら、すごくビビッドな色使いのポップなフライヤーがたくさんあったので、集めてみました。   ライブ告知のフラ

続きを見る

Pharrell Williams、”It Girl”のオタクなPVが振り切れてて超ニクイ!

https://www.youtube.com/watch?v=pPZDBF0kei0   これはPharrellだから出来るんだ。。 卑怯だ!!  

続きを見る

日本人はなぜマリオを生み出せたのか?チームラボの考える日本人の空間認識がおもしろい!

ログミーにこんな記事が上がっていました。 マリオはなぜ世界でヒットしたのか? チームラボ・猪子氏が語る、日本的空間認識とクリエイティビティの関係性 これがめちゃくちゃ面白かったの

続きを見る

iPhoneでも余裕でKindleでした!Kindleを使う4つのメリット。

長い間です。とても長い間。 僕は電子書籍というものを食わず嫌いしていたんですね。   やっぱり本は紙で読むべきだと。   生まれて20年以上、

続きを見る

アーティストの今と昔を比べれば練習と努力の重要さが一目瞭然という記事が面白かったので、ラップも比べてみた!

突然ですが、こちらの画像を見てください。 こちらは、先ほどFacebookのタイムラインに流れてきた『人は努力と練習で進化する。アーティストの昔と今の作品を見比べれば一目瞭然』というハフ

続きを見る

チームラボも出展しているという、ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えてを見に行きました!

今注目のテクノロジー集団チームラボも作品を出しているということで、東京都現代美術館で開催されているミッション-コスモロジーを超えてという展覧会を見てきました。 個人的に最近テクノロジー×アートの

続きを見る

『「ひらめき」を生む技術』(伊藤穣一)を読みました

先日聴いた伊藤穣一さんのスピーチが凄く分かりやすくて刺激を受けたので、伊藤穣一さんの本を読んでみました。 伊藤穣一さんは不思議な経歴を持った方で、タフツ大学でコンピューターサイエンスを、

続きを見る

これで無料!WordPressでオススメのおしゃれなテーマ集。

メモがわりに。 Stinger3 ダウンロードページ 言わずと知れた無料Wordpressテーマのチャンピオン。 SEOにも滅茶苦茶強いし、Adsenceも貼りやすく作って

続きを見る

超手軽に画像を合成できるPhotoFuniaというサイトが凄い!

  ツイッターやFacebookでも画像を添付した投稿のほうが、読まれる確率が圧倒的に高かったりと、ちょっとした宣伝や告知で画像を使う機会は増えています。 インパクトのあ

続きを見る

スマートフォンでデザインをチェックする癖

ブログやサイトのデザインをいじるときってPCでいじることが多いので、ついついPCのレイアウトばかり気にしてしまいがちなのですが、スマートフォンでデザインをチェックする癖を付けた方が良いですね。

続きを見る

最強の無料カメラアプリ!Fotorを使っておけば間違いない!

皆さん、カメラアプリは何を使っていますか? 僕は、Instagramをやっている関係で、撮影もInstagramでやったりしていたのですが、ズームがなくて使いづらいのが悩みでした(もしかした

続きを見る

PAGE TOP ↑