漫画『五等分の花嫁』を読んだ。感想・あらすじとか。

漫画の感想

sponcered by







『五等分の花嫁』を読みました

『五等分の花嫁』という漫画を読みました。

概要

あらすじ

貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところが教え子はなんと同級生!! しかも五つ子だった!! 全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児! 最初の課題は姉妹からの信頼を勝ち取ること…!?毎日がお祭り騒ぎ! 中野家の五つ子が贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!

感想(ネタバレあり)

複数のヒロインが、主人公をとりあう学園もののラブコメ漫画ということで、王道!という感じなんですが、ヒロイン5人が5つ子の姉妹というのが、この漫画独特の設定になっています。

ショートカットお姉さんの一女、ツンデレな二女、おとなしい歴女の三女、元気はつらつな四女、真面目女子の五女。

ラブコメ漫画なので、難しいことを考えずに読めるし、ヒロインもかわいいので、楽しく読めました。けど、なんかやっぱり学園ものというのは、(フィクションでも)学園生活に憧れを持てる学生時代に読むのが一番ですね。

ちなみに、僕らの世代だと、ラブコメ学園ものといえば『いちご100%』でした。懐かしい。

「漫画トップ」に戻る

漫画の感想

おすすめ漫画を紹介します

2020年12月10日

sponcered by