ヒップホップ用語:4大要素とは

sponcered by







4大要素とは

4大要素とは、ヒップホップに欠かせない4つの構成要素のことです。具体的には、DJラップブレイクダンスグラフィティアートの4つを指します。

これらはブロックパーティーを通じて育まれたストリートの文化・表現方法であり、これらを統合したものがヒップホップだとされています。

また、ヒップホップの4大要素を語る上で重要なのがブレイクビーツです。

ブレイクビーツとは、2枚のターンテーブルを用いて、既存曲の間奏部分(ブレーク)を交互に流し続けてループさせる技術のことで、DJのクールハークが発明しました。ラップとは、このブレイクビーツの上でを踏んでフロウすることであり、ブレイクダンスとはこのブレイクビーツの上で踊ることです。

クールハークがヒップホップの創始者とされるのは、最初にブラックミュージックをかけるブロックパーティーを主宰したことに加えて、ブレイクビーツの発明者だからだと言えるでしょう。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連商品・書籍

関連記事

  • なし

関連動画・関連楽曲

関連アーティスト

  • ケアレス・ワン

関連用語

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by