ヒップホップ用語:アフターマス(Aftermath)とは

sponcered by







アフターマス(Aftermath)とは

アフターマス(Aftermath)とは、1996年にドクター・ドレによって設立されたウェストコースト(西海岸)を代表するヒップホップ・レーベルです。正式名称はアフターマス・エンターテインメント。ユニバーサルミュージック系列のインタースコープ傘下のレーベルとなっています。

ドクター・ドレは、もともとデス・ロウに所属して活動していましたが、離脱後にアフターマスを設立。コンピレーションアルバム『Dr.Dre Presents The Aftermath』をリリースしました。1997年には、ザ・ファーム(ナズ、AZ、フォクシー・ブラウンら)のアルバム『The Album』を発表し、100万枚を売り上げるなどの成功もあったものの、その後のレーベル運営は順調ではありませんでした。

しかし、1998年にはデトロイト出身の白人ラッパーであるエミネムと契約し、デビュー作の『The Slim Shady LP』が400万枚を売り上げることに成功。続いて、1999年にはドクター・ドレが1992年以来となるアルバム『2001』をリリース。エミネムやスヌープ・ドッグ客演に招いた『2001』は、800万枚の売り上げを記録しました。さらに、2003年には、エミネムが契約した50セントのデビューアルバム『Get Rich Or Die Tryin』を共同リリースし、全米一位を記録しました。

また、2012年にはドクター・ドレと同じくコンプトン出身のラッパー、ケンドリック・ラマーと契約し、メジャーデビュー作『Good Kid, M.A.A.D City』をリリース。商業面・批評面の両面で大成功を治めました。ケンドリック・ラマーの作品は、その後もアフターマスからリリースされています。

2016年にはアンダーソン・パークとも契約。現在の所属アーティストはドクター・ドレ、エミネム、ケンドリック・ラマー、アンダーソン・パークの大物アーティスト4名のみとなっています。

written by @raq_reezy

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップの歴史

ヒップホップの歴史をわかりやすく解説。おすすめの本や映画も紹介。

2021年4月6日

関連用語

関連アーティスト

関連書籍・商品

関連動画・関連楽曲

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by