ヒップホップ用語:バトルとは

sponcered by







バトルとは

バトルとは、ヒップホップにおける競技を指します。

ヒップホップでは、オールドスクール期において、アフリカン・バンバータがギャング組織をヒップホップ組織に作り変えて、地元を平和にしようと試みた歴史もあり、その際にギャングの抗争をヒップホップにおいて代替するものとしてバトルが普及しました。

初期には、DJMCダンスによる総合的なパフォーマンスのバトルが行われていたようですが、徐々にそれぞれに特化して、競技性も高まっていった結果、DJテクニックのバトルや、ストリートダンスのバトル、ラップのバトルなどが行われるようになりました。

日本では、エミネムの伝記的な映画『8マイル』の影響からか、以前からフリースタイルのラップによるバトルが人気でしたが、高校生ラップ選手権やフリースタイルダンジョンの影響で、その人気はさらに高まっています。

なお、ラッパー同士がディス曲を発表しあうものは、一般的にはバトルではなくビーフと呼ばれます。バトルはあくまでも競技であるのに対して、ビーフは私情も絡んだ喧嘩をラップで行っているものだといえます。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップとは?4大要素と4つの精神を解説

ヒップホップ文化とは?4大要素と4つの精神を解説

2021年3月6日
ヒップホップ・ミュージックのラップとは

ヒップホップの歌唱表現「ラップ」とは。韻やフロウも解説。

2021年4月8日

関連用語

関連アーティスト

関連書籍・商品

関連動画・関連楽曲

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by