ヒップホップ用語:ブロンクス地区とは

sponcered by







ブロンクス地区とは

ニューヨーク州のブロンクス地区は、ヒップホップ発祥の地です。

マンハッタン島からスパイテン・ダイヴィル川、ハーレム川運河、ハーレム川を隔てて北東にある。ニューヨーク市の5つの行政区の中で唯一島ではなく、北アメリカ大陸本土に属する。面積は148.7平方キロメートル、人口は約130万人強。区名は1641年に入植したオランダ人、「ヨナス・ブロンクス (Jonas Bronck)」の名に由来する。地名に定冠詞「The」がつけられる。

Wikipediaより

ヒップホップの起源とされるDJクールハークのブロックパーティーは、1973年の8月11日にブロンクス地区のセジュウィック通り1520番地にあるマンションの多目的スペースで開催されました。

このパーティーをきっかけに、クールハークは毎月パーティーを開くようになりました。

また、そこに訪れたアフリカン・バンバータも、ギャングが抗争を繰り広げていたサウス・ブロンクスでブロックパーティーを開催するようになったのです。やがて、彼はギャングをヒップホップ組織へと作り替えることで、地元(フッド)を平和にするという活動に乗り出し、ズールーネイションが出来上がりました。

こうした流れがオールドスクールのヒップホップへと繋がっていきました。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

  • なし

関連動画・関連楽曲

関連アーティスト

  • クールハーク
  • アフリカン・バンバータ

関連用語

関連商品・書籍

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by