ヒップホップ用語:カラーギャングとは

sponcered by







カラーギャングとは

カラーギャングとは、アメリカのストリートギャングを指します。マフィア等と違って、ストリートで抗争や麻薬の販売等を行って活動しています。

赤色のギャング(ブラッズ)と青色のギャング(クリップス)に大別できることから、カラーギャングと呼ばれています。

カラーギャングは、アメリカ西海岸のロサンゼルスでクリップスが誕生したことにその起源があります。その後、全米規模に拡大したクリップスに対抗するために、他のギャングたちが結集・組織化して生まれたのがブラッズです。

特にアメリカの西海岸ではカラーギャングの文化が強かったことから、ニューヨークから伝わったヒップホップは、ウェストコーストで独自の進化を遂げて、ギャングスタラップが誕生しました。

ラッパーの中には、カラーギャング出身のラッパーもたくさんいます。たとえば、アイスTアイス・キューブやスヌープ・ドッグはクリップス出身です。YGはブラッズ出身です。ブラッズ出身のラッパーは赤いものを身に着けており、クリップス出身のラッパーは青いものを身につけていることが多いです。なお、カラーギャング出身のラッパーが、どちらのカラーギャング出身かによって揉めるということは、基本的にはありません。

written by @raq_reezy

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップの歴史

ヒップホップの歴史をわかりやすく解説。おすすめの本や映画も紹介。

2021年4月6日

関連用語

関連アーティスト

関連書籍・商品

関連動画・関連楽曲

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by