ヒップホップ用語:コンシャス・ヒップホップとは

sponcered by







コンシャス・ヒップホップとは

コンシャス・ヒップホップとは、社会性などを意識したリリックを含むラップを指します。

ストリートにはびこるギャングドラッグ・汚職警官などの社会問題、アメリカにおける人種差別の歴史、いま現在も黒人の成功をはばむ社会的なシステム、ヒップホップのコミュニティへの意見など、コンシャス・ヒップホップにも様々なテーマがあり、中にはハードコア・ヒップホップギャングスタラップと重複する部分もあります。

1990年代にはパブリック・エネミー、2000年代にはコモンやルーペ・フィアスコ、2010年代にはケンドリック・ラマーやJコールなどのラッパーが、コンシャス・ヒップホップの担い手として活躍してきました。こうしたラッパーたちは、偉大なリリシストとして評価されています。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連書籍・商品

関連記事

  • なし

関連動画・関連楽曲

関連アーティスト

  • パブリック・エネミー
  • コモン
  • ルーペ・フィアスコ
  • ケンドリック・ラマー
  • Jコール
  • ニプシー・ハッスル

関連用語

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by