ヒップホップ用語:ドラッグ・ディーラーとは

sponcered by







ドラッグ・ディーラーとは

ドラッグ・ディーラーとは、ドラッグの売人のことです。プッシャーハスラーともいいます。

ドラッグを売ってお金を稼ぐドラッグ・ディーラーやギャングは、警察に捕まったり、ストリートの抗争に巻き込まれて亡くなる者も多く、そうした中で真っ当なビジネスでお金を稼ぐことを目指してラッパーに転向する例も多々あります。

例えば、ジェイZやプッシャーT、エイサップ・ロッキー、リル・ベイビーなどのラッパーは、もともとドラッグディーラーでした。

なお、ドラッグ・ディーラーが売るドラッグは、基本的にはコカインです。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

  • なし

関連用語

関連アーティスト

関連書籍・商品

関連動画・関連楽曲

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by