ヒップホップ用語:イーストコースト(東海岸)とは

sponcered by







イーストコースト(東海岸)とは

イーストコーストとは、ヒップホップが誕生した地でもあるニューヨークを中心とするアメリカ東海岸のヒップホップを指します。

ヒップホップが盛んな土地としては、ニューヨークを中心としたイーストコースト(東海岸)、カリフォルニアを中心としたウェストコースト(西海岸)、ジョージア州のアトランタを中心としたサウス(南部)などがあります。

イーストコーストのヒップホップ音楽の特徴は、ジャズ音楽などをサンプリングしたビートにスキルフルで流暢なラップを乗せるというものです。

80年代〜90年代には、ヒップホップシーンの中心となるラッパーを多く輩出しました。直近は、サウスなどに押され気味ではありますが、ジョーイ・バッダスなどの若手ラッパーも活躍しています。

また、インターネット上で音楽が発表されるようになって以降は、エイサップ・ロッキーのように、ニューヨーク出身でもサウスに影響を受けた音楽をつくるラッパーもいて、徐々に出身地と音楽性は関係がなくなりつつもあります。

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

関連記事

  • なし

関連動画・関連楽曲

関連アーティスト

  • ノトーリアス B.I.G
  • ジェイZ
  • ナズ
  • ジョーイ・バッダス

関連用語

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by