ヒップホップ用語:Gファンクとは

sponcered by







Gファンクとは

Gファンクとは、アメリカ西海岸(ウェストコースト)を中心に1980年代後半〜1990年代に流行したヒップホップのサブジャンルです

アメリカ東海岸(イーストコースト)ニューヨークで誕生したヒップホップは、アメリカ西海岸にも伝わり、カリフォルニア州ロサンゼルスを中心に発展することとなりますが、カリフォルニアには二つのユニークな特徴がありました。ひとつは常夏のパーティー文化、もうひとつはカラーギャングストリート文化です。

そのため、ジャズなどをサンプリングして、リリシストラッパーが高度なスキルのラップを披露するというアメリカ東海岸のヒップホップとは違った形で、ヒップホップが進化していくことになります。

リリックの面では、ギャングやドラッグディーラーの日常や生活をラップするようになり、ギャングスタラップが発展します。そしてサウンドの面では、ドクター・ドレらのプロデューサーによって西海岸ならではの煌びやかなサウンドが追求され、サンプリングに生演奏やシンセサイザーまで加えたビートが作られ、フックではラップではなくコーラスが用いられることも増えました。こうしたサウンドをGファンクと呼びます。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連商品・書籍

関連記事

  • なし

関連動画・関連楽曲

関連アーティスト

  • ドクター・ドレ
  • スヌープ・ドッグ
  • 2パック
  • ウォーレンG
  • ネイト・ドッグ

関連用語

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by