ヒップホップ用語:レーベルとは

sponcered by







レーベルとは

レーベルとは、音源を制作・リリースする組織を指します。

多くのレーベルは、レコード会社の傘下に所属しており、新人アーティストを発掘して契約・音源制作を行い、レコード会社を通じて音源をリリースします。

ヒップホップは起業家精神が豊富な文化であるため、多くのラッパーたちが自分のレーベルを立ち上げて成功してきました。

有名なレーベルとしては、リック・ルービンらが立ち上げたデフ・ジャム、ジェイZらが立ち上げたロッカフェラ・レコード東西抗争の中心地となったバッドボーイ・エンターテインメントデス・ロウ、ドクター・ドレが立ち上げたアフターマス、ケンドリック・ラマーらが所属するTDE、リル・ウェインらが所属していたキャッシュマネーなどがあります。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連商品・書籍

関連記事

  • なし

関連動画・関連楽曲

関連アーティスト

  • ジェイZ
  • ドクター・ドレ

関連用語

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by