ヒップホップ用語:ライム(韻)とは

sponcered by







ライム(韻)とは

ライム(韻)とは、言葉の母音を揃えることを指します。

本来は英語の概念ですが、ここでは分かりやすいように日本語で考えてみましょう。

例えば、「光(HI・KA・RI)」と「怒り(I・KA・RI)」という2文字を見てみると、母音はそれぞれ「い(I)・あ(A)・い(I)」と揃っていることが分かります。これを韻といいます。

母音が揃った文字をラップの中に散りばめることで、ラップにグルーヴを持たせることができるため、韻はフロウ等と並んで、ラップスキルの基礎といえます。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップ・ミュージックのラップとは

ヒップホップの歌唱表現「ラップ」とは。韻やフロウも解説。

2021年4月8日

関連商品・書籍

関連動画・関連楽曲

関連アーティスト

  • なし

関連用語

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by