ヒップホップ用語:トラックメイカーとは

sponcered by







トラックメイカーとは

トラックメイカーとは、ラップを乗せるトラックを作るミュージシャンを指します。ビートメイカー、プロデューサーなどと呼ばれることもあります。

有名なトラックメイカーとしては、DJプレミア、ピート・ロック、ドクター・ドレ、カニエ・ウェスト、ファレル・ウィリアムズ、ティンバランド、スウィズ・ビーツ、ジャスト・ブレイズ、Jディラ、DJマスタード、テイ・キース、マイク・ウィル・メイド・イット、ボーイ・ワンダ、ヒット・ボーイなどがいます。

トラックメイカーは、基本的にラッパーの作品にビートを提供するという立ち位置ですが、逆にトラックメイカーがラッパー客演に呼んで、自分の作品を作ることもあります。

written by @raq_reezy

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップ・ミュージックのサンプリングとは

ヒップホップの醍醐味「サンプリング」とは?元ネタの調べ方も解説

2021年4月5日

関連用語

関連アーティスト

関連書籍・商品

関連動画・関連楽曲

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by