ポーカー(テキサスホールデム)とは?歴史や種類も解説。

ポーカーとは

sponcered by







そもそもポーカーとは?

ポーカーとは、トランプを使ったカードゲームです。

ポーカーにも様々な種類がありますが、一般的に共通するのは「5枚のカードを用いて役(ハンド)をつくり、その強さを競うこと」です。

カジノで遊ばれるカジノポーカーは、後述するテキサスホールデムが一般的で、ポーカーチップを賭けて遊びます。

ポーカーの歴史

ポーカーの誕生

ポーカーの先祖は、ドイツの「ポッヘン(pochen:ノックする)」だとされています。ポッヘンがフランスに伝わり「ポーク(poque)」というゲームが誕生。それが今のポーカーに繋がったようです。

他にも、フランスの「ブルラン(brelan)」、イギリスのブラフゲーム「ブラグ(brag)」など、ポーカーに影響を与えたと考えられているゲームはたくさんあります。

世界的なカードゲームへ

ポーカーが世界的なカードゲームとなったきっかけは、1970年代にWOSP(World Series of Poker)が始まったことです。WSOP以降、アメリカのカジノを中心に競技性のあるポーカートーナメントがポピュラーになりました。

さらに、ポーカーの競技人口が増えるきっかけとなったのが、クリス・マネーメイカーというアマチュアによるWorld Seriesでの優勝です。

クリス・マネーメイカー

クリス・マネーメイカー氏

当時、無名のアマチュアであったクリス・マネーメイカーは、2003年にPokerStarsのイベントでワールドシリーズの参加権を得ると、初参加のワールドシリーズでプロプレイヤーたちを次々となぎ倒して、なんと優勝してしまったのです。優勝賞金は破格の2,500,000ドル(約2.5億円)。

このアメリカンドリームに触発されて、世界各地で何百万人もの人々がポーカーをプレイするように。ポーカーは世界的なゲームへと進化しました。

日本におけるポーカーの普及

日本では、賭博法によって賭博が禁止されていることから、現状テキサスホールデムなどのカジノポーカーをプレイできる施設はありません

しかし、近年ポーカーは日本でも流行の兆しを見せています。

2012年には、第42回世界ポーカー選手権大会におけるトーナメントのひとつで、日本人の木原直哉プロが優勝。また、ポーカーで生計を立てているヨコサワさんがYouTuberとしてヒットしています。

今後、日本でもポーカーが流行することが予想されます。

ポーカーの種類とテキサスホールデム

ポーカーには、たくさんの種類がありますが、一番競技人口が多く、世界中でプレイされているのが「テキサスホールデム」です。

カジノや大会で遊ぶポーカーは、大体がテキサスホールデムなので、ポーカーを始めたいという方は、テキサスホールデムのルールを覚えるのがおすすめです。

テキサスホールデムは、それぞれのプレイヤーに配られた2枚の手札(スターティングハンドと、場の最大5枚のコミュニティカードの合計7枚から役の強さを競いながら、チップを賭けるゲームです。

テキサスホールデムは、上手な賭け方を楽しむゲームであり、その本質は「役を完成させること」以上に、「チップをどのように賭けていくか」にあります。

sponcered by