ポーカー用語:ナッツとは

ポーカー用語

sponcered by







ナッツとは

「ナッツ」とは、自分のハンドが確実に一番強い状態を指します。

たとえば、自分のハンドがA♠︎A♦︎で、場のカードがA♣︎T♣︎9❤︎8♦︎3♣︎のとき、自分のフルハウスよりも強い役は存在しません。なので、自分のハンドはナッツです。

一方、自分のハンドが6♣︎5♣︎であれば、自分の役は♣︎のフラッシュですが、自分よりも強いフルハウスを持っているプレイヤーがいる可能性があるので、自分のハンドはナッツではありません。

フロップターンリバーとゲームが進んでいくにつれて、自分のハンドがナッツであることが確定したときは、強気にベットすることができます。

一方で、自分のハンドがナッツでない場合は、例えばオールインなどの強気なベットは大きな損失に繋がる可能性があります。自分のハンドがナッツでないとき、自分よりも強いハンドを持っているプレイヤーがいる可能性を常に検討しなければなりません。

自分がナッツであれば、安心してバリューベットを打つことができます。しかし、相手のハンドが弱いときには、自分のベットにコールしてもらえない可能性があります。そこで相手からのチップを引き出すために、敢えてチェックなどで回すことをスロープレイといいます。

関連記事

ポーカーの役一覧・強さ順・出現確率

ポーカーの役一覧・強さ順・出現確率を完全解説

2020年11月1日

関連用語

ポーカー用語集に戻る

 

sponcered by