ポーカー用語:VPIPとは

ポーカー用語

sponcered by







VPIPとは

「VPIP」とは、「Voluntarily Put Chips In Pot」の略で、「ポットに金額を入れた率」のことです。

プリフロップにおいて、スターティングハンドが配られて、すぐにフォールドした場合、ポットには1枚もチップを入れていません。言い換えると、おおむねフロップ以降への参加率」のことだともいえます。(オープンレイズをしたけれど、リレイズされてフォールドした場合などもあるので、厳密にいうと差がありますが。)

プロのプレイヤーは、ポジションにもよりますが、だいたいVPIPが20%程度だと言われています。つまり、5回に1回程度、ゲームに参加しているということです。

それに対して、初心者はだいたいの場合、スターティングハンドを選ばないため、VPIPが高すぎることが多いです。

関連記事

ポーカー初心者がなおすべきミス

ポーカーで勝てない初心者が直すべき5つのミス

2020年11月3日
ポーカーのハンドレンジ表(スターティングハンド表)

ポーカーのハンドレンジ表(スターティングハンド表)まとめ【Snowie】

2020年11月1日

関連用語

ポーカー用語集に戻る

 

sponcered by