『アンネの日記』破損事件は何なのか

公開日: お金と社会

anne

奇妙な事件だったわりに、いまいち良く分かっていないので、とりあえず情報集めてまとめていこうかなと思います。

 

なぜ『アンネの日記』なのか

アンネの日記とは

ナチス政権下のオランダでユダヤ人の少女アンネが日常を綴った日記ですね。

昔ちらっと数ページ読んだくらいなのですが、wikipediaによると、

第二次世界大戦の最中のドイツによる占領下のオランダ、アムステルダムが舞台となっている。ドイツによるユダヤ人狩りを避けるために咳も出せないほど音に敏感だった隠れ家に潜んだ8人のユダヤ人達の生活を活写したもの。執筆は密告(密告者はいまだ不明)によりドイツの秘密警察に捕まるまでのおよそ2年間に及んだ。1942年6月12日から1944年8月1日まで記録されている。彼女の死後、父オットー・フランクの尽力によって出版され、世界的ベストセラーになった。

スポンサーリンク

アンネの日記が持つ意味

なぜ、アンネの日記が破られると世界がヒステリックに反応するのか?

こちらに詳しくあります。

 

日本の右傾化が背景?

中韓メディア、日本の右傾化が背景と報道

日本ではユダヤ人が資本家として労働者である自国民から搾取したという歴史が無いため、右翼・ナショナリズムはヨーロッパと違って反ユダヤには結びつきにくいと思うのですが、右傾化らしき現象が進む現在の日本と関連付けて考える気持ちも分かるところ。

 

ゴーストライター問題だった?

「アシスタントとゴーストライターは違う」犯行と無関係だったビラ 関与認める供述

犯行とは無関係なビラということでしたが、佐村河内氏の時期とも被るため、ゴーストライター問題が原因だったのかとも思えます。

アンネの日記のオリジナル性についてはwikipediaでも触れられています。容疑者の方は30代無職男性という発表でしたがアシスタントをしていた経歴があるのでしょうか。

アンネの死後、オットー・フランクによって、オリジナル原稿と改訂稿を相互補完する形で縮約編集された。いわば復元版である。

出版に当たっては、編集の過程で第三者によってさらに本文の削除や修正がほどこされた。削除箇所の多くは母親への辛辣な批判である。その他に第三者に関する批判(ファン・ペルス夫妻など)、若干の退屈なエピソード、性の目覚めに関する記述の削除、ならびに存命中の者のプライバシーを保護するための配慮があった。以上のような編集が加えられたため、書店に並んだ日記はアンネ・フランクが書いたものと一字一句おなじとはいえない。

一方で、ゴーストライター問題と関連付けるにはアンネの日記、さらに言えばアンネ・フランクよりも広範な範囲の書籍が被害を受けている点も気になります。

ユダヤ人迫害関連全般狙いか 「アンネ・フランク」では不検出の書籍も

 

進展が気になります。

  関連記事

「リスクを嫌う会社員も、借金をしてまで不動産を買う」。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ』を読んだ。

『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ』という本があります。 別に読んだところでお […]

【まとめ】自民党が進める安保法改正案のための憲法解釈を解説

自民党が進めており、長谷部教授など自民党側が参考人として招いた憲法学者までもが国会で違憲だと述べたということで […]

黒人青年射殺の警官が不起訴に。ファーガソン大陪審判決にケンドリック・ラマー、マックルモアらが反応

この記事はHIPHOP DXに掲載されている記事の和訳です。   Michael Brown事件につ […]

優良財務体質のAppleより、ビジョナリーなFacebookの方がPERが高くなる不思議。評価経済とは。

色々と話題に事欠かない岡田斗司夫氏と田端信太郎氏の、評価経済に関する対談動画が、古いのですがなかなか面白かった […]

二度目の春を迎えているASEANが熱い!?『ネクスト・アジア』を読みました。

現在のアジアの様子を物凄く分かりやすく解説した『ネクスト・アジア』という本を読みました。 十年ほど前までは、ア […]

「固定資産税を上げればいい」。ひろゆきが語る、格差社会をなくす方法。

元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏が格差社会と土地の関係性について語った音声を書き起こしました。 *元動画はこち […]

VALUが面白いと感じた3つのポイント

VALUっていう個人が資金調達できるサービスがあって、ちょっぴりいじってみたり、見てたりしてるんですね。 僕ま […]

マディソン・スクエアを蘇らせた伝説のハンバーガー屋、シェイク・シャックをまとめてみた

近頃、アメリカは新鮮な食事ブームです。 つまり、工場で作られた冷凍食品などを安く効率よく食べさせる&#8221 […]

本『自分で作るセーフティネット』。箱庭から飛び出して社会と繋がる。

国や会社、村といった”箱”が生活を守ってくれる時代が終わりつつあります。 箱が生活を守 […]

インドネシア、アチェ州でイスラム法に潰されていくパンクバンド。最後の19組を追う。

VICE JAPANで紹介されていて面白かったので。

PAGE TOP ↑