180度違う!ウェブ時代の文章の書き方を解説した『武器としての書く技術』を読みました。

公開日: ウェブとメディア,

webwriting

読んでくれること、受け取ってくれることを前提としてコミュニケーションを取る時代が終わっています。

テレビのCMはスキップされるようになり、ウェブ上のコンテンツもほとんどがスルーされる時代が来ていますよね。音楽においても、Aメロを飛ばしてサビだけ聴かれるなんてこともあるくらい。

今の時代は消費者が自分の好きなものだけ、その中でも好きな部分だけを選んで消費する時代に変わってきているんですね。

そんな中では、文章を書くときのテクニックも変わってきます。読んでくれることを前提とした書き方ではなく、読んでもらうための書き方が必要になるのです

ということで、ウェブ時代の文章を書くテクニックを解説した、イケダハヤト氏の『武器としての書く技術』を読んでみました。

スポンサーリンク

 

従来の”良い文章”を書いても読まれない

従来の”良い文章”とは、どのような文章だったのでしょうか。

それは、伝えるべき相手がいて、伝えるべき内容があり、きちんと伝わる文章ですね。

そのために、てにをは等の文法に気をつけたり、起承転結を重んじたりと、それなりのルールがあったわけです。

ここで注意すべき点は“読者”がいて、文章を読んでくれることを前提に書くものであったということです。

一方で、ウェブ上では読者はより役に立つ情報を求めています。

そんな時代にあっては、文章を読んでくれる人がいることを前提に書く従来の書き方とは違う技術が必要になるのです。それは人の目について、読んでくれる人を集められるような文章を書く技術とも言えるでしょう。

ウェブ時代の文章の書き方はコンサートではなくストリートライブであると、本書では述べられています。

 

ストリートライブな文章の書き方

それでは、ストリートライブな環境で戦うためには、どのような文章を書けば良いのでしょうか。

それは、人目について、興味を持ってもらい、実際に読まれる文章を書く事ですね。

そして、そのような文章を書くためには、いくつかノウハウがあるのです。

本書では、既によく言われている「ウェブ上ではタイトルが超重要」といった話のほかにも、

・音楽のようにリズム感のある文章を書くにはどうすればいいか

・人の目を引きやすいワードはどのようなものか

・ニッチな文章ほど、他の情報源が少ないので読まれやすい

といったような内容が10項目ほど分かりやすく解説されています。

 

ということで

『武器としての書く技術』、イケダハヤト氏を好きな人にも、嫌いな人にも、知らない人にも、とにかく”文章を書く人”にはオススメの一冊です。

follow

follow us in feedly

  関連記事

ジェイZや孫正義も使っていた!敢えて活動範囲を絞る、ランチェスター戦略がおもしろい!

  敢えて狭い地域から始める 以前、ジェイZについての記事を書きました。 その中で、ジェイZがどうや […]

ドワンゴ会長がジブリに見習いで入社!?『コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと 』がおもしろい。

  筆者の川上量生氏はニコニコ動画を作った人物 この本を書いた川上量生氏は、KADOKAWA・DWA […]

才能は思考回路にすぎない?才能の発想を転換する『さぁ、才能に目覚めよう』が良かった。

才能に目覚める(笑) 先日、ウェブ上で尊敬する人が紹介していた本があって、さっそくAmazonで購入して読んで […]

コンテンツマーケティングには2種類ある。EC型と売名型。

コンテンツマーケティングという言葉が流行って久しいです。 最近、コンテンツマーケティングには2種類あるなと思う […]

セレンディピティを受けよう!視野を広げるのに役立つ7つのウェブサイト等。

日常を前向きに、目標を持って生きていくのには、なかなかエネルギーがいりますよね。 ときには視野が狭くなったり、 […]

本『なぜ、一流の人はハードワークでも心が疲れないのか?―実践版「レジリエンス・トレーニング」』

どの世界においても、活躍している人はパワフルでエネルギッシュです。 この本ではレジリエンス(精神的回復力)とい […]

ブログを始めて1年半なので、立ち上げから色々と振り返ってみた

前のブログを含めると、もう少し経っているのですが、このブログにしてからで数えると、ちょうど1年半くらいになった […]

【まとめ】今回の都知事選で、僕が目にしたウェブ周りでの動き

  (1) 舛添要一を都知事にしたくない女たちの会 舛添要一氏は最有力候補 かつて離党した自民党に加 […]

Youtubeでドラゴンボール等のマンガを読み放題!MANGAPOLOチャンネルがすごい!

YoutubeにMANGAPOLOチャンネルというものがあります。 こちら、なんと多数のマンガが無料で読めてし […]

本『東京奇譚集』(村上春樹)。不可思議なものを受け入れると見える世界。

奇譚(きたん)。珍しい話、不思議な話。 この短編集はそんな不可思議な話を5つ詰め込んだものです。 サメに殺され […]

PAGE TOP ↑