180度違う!ウェブ時代の文章の書き方を解説した『武器としての書く技術』を読みました。

公開日: ウェブとメディア,

webwriting

読んでくれること、受け取ってくれることを前提としてコミュニケーションを取る時代が終わっています。

テレビのCMはスキップされるようになり、ウェブ上のコンテンツもほとんどがスルーされる時代が来ていますよね。音楽においても、Aメロを飛ばしてサビだけ聴かれるなんてこともあるくらい。

今の時代は消費者が自分の好きなものだけ、その中でも好きな部分だけを選んで消費する時代に変わってきているんですね。

そんな中では、文章を書くときのテクニックも変わってきます。読んでくれることを前提とした書き方ではなく、読んでもらうための書き方が必要になるのです

ということで、ウェブ時代の文章を書くテクニックを解説した、イケダハヤト氏の『武器としての書く技術』を読んでみました。

スポンサーリンク

 

従来の”良い文章”を書いても読まれない

従来の”良い文章”とは、どのような文章だったのでしょうか。

それは、伝えるべき相手がいて、伝えるべき内容があり、きちんと伝わる文章ですね。

そのために、てにをは等の文法に気をつけたり、起承転結を重んじたりと、それなりのルールがあったわけです。

ここで注意すべき点は“読者”がいて、文章を読んでくれることを前提に書くものであったということです。

一方で、ウェブ上では読者はより役に立つ情報を求めています。

そんな時代にあっては、文章を読んでくれる人がいることを前提に書く従来の書き方とは違う技術が必要になるのです。それは人の目について、読んでくれる人を集められるような文章を書く技術とも言えるでしょう。

ウェブ時代の文章の書き方はコンサートではなくストリートライブであると、本書では述べられています。

 

ストリートライブな文章の書き方

それでは、ストリートライブな環境で戦うためには、どのような文章を書けば良いのでしょうか。

それは、人目について、興味を持ってもらい、実際に読まれる文章を書く事ですね。

そして、そのような文章を書くためには、いくつかノウハウがあるのです。

本書では、既によく言われている「ウェブ上ではタイトルが超重要」といった話のほかにも、

・音楽のようにリズム感のある文章を書くにはどうすればいいか

・人の目を引きやすいワードはどのようなものか

・ニッチな文章ほど、他の情報源が少ないので読まれやすい

といったような内容が10項目ほど分かりやすく解説されています。

 

ということで

『武器としての書く技術』、イケダハヤト氏を好きな人にも、嫌いな人にも、知らない人にも、とにかく”文章を書く人”にはオススメの一冊です。

  関連記事

“独りよがりの芸術”から脱却するには?村上隆『芸術起業論』にはヒントがたくさん。

村上隆って誰だ?と思う方も多いかもしれません。 村上隆は、欧米で評価されている日本人の芸術家です。 ヒップホッ […]

コンテンツマーケティングには2種類ある。EC型と売名型。

コンテンツマーケティングという言葉が流行って久しいです。 最近、コンテンツマーケティングには2種類あるなと思う […]

試して分かった!Facebook広告の効果を高める3つのコツ。

突然ですが、最近、Facebook広告を試しています。 Facebook広告の「投稿の宣伝」は1年半くらい前に […]

おもしろ動画、LINEスタンプ、ペット画像。世界中での非言語の躍進について考えてみた!

今、ウェブの世界でホットな概念のひとつに”非言語”というものがあります。 これはチーム […]

朝井リョウ『何者』を読んだら、瑞月さんがクリエイターの卵殺しすぎた!

  瑞月さんがクリエイターの卵殺しすぎる 桐嶋が部活を止めたことで(?)、一躍有名になった朝井リョウ […]

二度目の春を迎えているASEANが熱い!?『ネクスト・アジア』を読みました。

現在のアジアの様子を物凄く分かりやすく解説した『ネクスト・アジア』という本を読みました。 十年ほど前までは、ア […]

セレンディピティを受けよう!視野を広げるのに役立つ7つのウェブサイト等。

日常を前向きに、目標を持って生きていくのには、なかなかエネルギーがいりますよね。 ときには視野が狭くなったり、 […]

【まとめ】今回の都知事選で、僕が目にしたウェブ周りでの動き

  (1) 舛添要一を都知事にしたくない女たちの会 舛添要一氏は最有力候補 かつて離党した自民党に加 […]

ニュースアプリ大本命!?UIが良すぎと話題のSmart Newsを使ってみた。

  デザインがめちゃくちゃ良くて、使いやすいと話題になっていたので、Smart Newsを使ってみま […]

キャッチコピー関連の本なら『ここらで広告コピーの本当の話をします。』がずば抜けて良い!

キャッチコピー関連の本って定期的にヒット作が出るので、その度に読んだりするのですが、これまでに読んだ中でだんと […]

PAGE TOP ↑