180度違う!ウェブ時代の文章の書き方を解説した『武器としての書く技術』を読みました。

公開日: ウェブとメディア,

webwriting

読んでくれること、受け取ってくれることを前提としてコミュニケーションを取る時代が終わっています。

テレビのCMはスキップされるようになり、ウェブ上のコンテンツもほとんどがスルーされる時代が来ていますよね。音楽においても、Aメロを飛ばしてサビだけ聴かれるなんてこともあるくらい。

今の時代は消費者が自分の好きなものだけ、その中でも好きな部分だけを選んで消費する時代に変わってきているんですね。

そんな中では、文章を書くときのテクニックも変わってきます。読んでくれることを前提とした書き方ではなく、読んでもらうための書き方が必要になるのです

ということで、ウェブ時代の文章を書くテクニックを解説した、イケダハヤト氏の『武器としての書く技術』を読んでみました。

スポンサーリンク

 

従来の”良い文章”を書いても読まれない

従来の”良い文章”とは、どのような文章だったのでしょうか。

それは、伝えるべき相手がいて、伝えるべき内容があり、きちんと伝わる文章ですね。

そのために、てにをは等の文法に気をつけたり、起承転結を重んじたりと、それなりのルールがあったわけです。

ここで注意すべき点は“読者”がいて、文章を読んでくれることを前提に書くものであったということです。

一方で、ウェブ上では読者はより役に立つ情報を求めています。

そんな時代にあっては、文章を読んでくれる人がいることを前提に書く従来の書き方とは違う技術が必要になるのです。それは人の目について、読んでくれる人を集められるような文章を書く技術とも言えるでしょう。

ウェブ時代の文章の書き方はコンサートではなくストリートライブであると、本書では述べられています。

 

ストリートライブな文章の書き方

それでは、ストリートライブな環境で戦うためには、どのような文章を書けば良いのでしょうか。

それは、人目について、興味を持ってもらい、実際に読まれる文章を書く事ですね。

そして、そのような文章を書くためには、いくつかノウハウがあるのです。

本書では、既によく言われている「ウェブ上ではタイトルが超重要」といった話のほかにも、

・音楽のようにリズム感のある文章を書くにはどうすればいいか

・人の目を引きやすいワードはどのようなものか

・ニッチな文章ほど、他の情報源が少ないので読まれやすい

といったような内容が10項目ほど分かりやすく解説されています。

 

ということで

『武器としての書く技術』、イケダハヤト氏を好きな人にも、嫌いな人にも、知らない人にも、とにかく”文章を書く人”にはオススメの一冊です。

  関連記事

『MEDIA MAKERS』(田端信太郎)が本気の良書だった。

イケダハヤトさんがメディア業界を志す人は必読の本として薦めていたのがきっかけで、田端信太郎さんの『MEDIA […]

二度目の春を迎えているASEANが熱い!?『ネクスト・アジア』を読みました。

現在のアジアの様子を物凄く分かりやすく解説した『ネクスト・アジア』という本を読みました。 十年ほど前までは、ア […]

前のブログがいきなり頑張り始めたので、改めてアーティストのブログの使い方を考えてみた!

アクセスが増えてる 重いとか言って捨てた以前のブログがあるわけですが、最近突然アクセスが増えはじめたんですね。 […]

本『なぜ、一流の人はハードワークでも心が疲れないのか?―実践版「レジリエンス・トレーニング」』

どの世界においても、活躍している人はパワフルでエネルギッシュです。 この本ではレジリエンス(精神的回復力)とい […]

本『東京奇譚集』(村上春樹)。不可思議なものを受け入れると見える世界。

奇譚(きたん)。珍しい話、不思議な話。 この短編集はそんな不可思議な話を5つ詰め込んだものです。 サメに殺され […]

Twitterの仕様変更でFacebookばりの画像で告知する時代が到来するのか!?

  Twitterの仕様変更で画像がデフォルト表示に Twitterの仕様変更 昨日の夜くらいからT […]

おもしろ動画、LINEスタンプ、ペット画像。世界中での非言語の躍進について考えてみた!

今、ウェブの世界でホットな概念のひとつに”非言語”というものがあります。 これはチーム […]

試して分かった!Facebook広告の効果を高める3つのコツ。

突然ですが、最近、Facebook広告を試しています。 Facebook広告の「投稿の宣伝」は1年半くらい前に […]

『「ひらめき」を生む技術』(伊藤穣一)を読みました

先日聴いた伊藤穣一さんのスピーチが凄く分かりやすくて刺激を受けたので、伊藤穣一さんの本を読んでみました。 伊藤 […]

本『広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい』。主導権が消費者に移るとき、時代は演説から会話へ。

時代の変遷を理解する 消費させるから、消費されるへ。パワーバランスがひっくり返るとき。 従来、消費者には力があ […]

PAGE TOP ↑