180度違う!ウェブ時代の文章の書き方を解説した『武器としての書く技術』を読みました。

公開日: ウェブとメディア,

webwriting

読んでくれること、受け取ってくれることを前提としてコミュニケーションを取る時代が終わっています。

テレビのCMはスキップされるようになり、ウェブ上のコンテンツもほとんどがスルーされる時代が来ていますよね。音楽においても、Aメロを飛ばしてサビだけ聴かれるなんてこともあるくらい。

今の時代は消費者が自分の好きなものだけ、その中でも好きな部分だけを選んで消費する時代に変わってきているんですね。

そんな中では、文章を書くときのテクニックも変わってきます。読んでくれることを前提とした書き方ではなく、読んでもらうための書き方が必要になるのです

ということで、ウェブ時代の文章を書くテクニックを解説した、イケダハヤト氏の『武器としての書く技術』を読んでみました。

スポンサーリンク

 

従来の”良い文章”を書いても読まれない

従来の”良い文章”とは、どのような文章だったのでしょうか。

それは、伝えるべき相手がいて、伝えるべき内容があり、きちんと伝わる文章ですね。

そのために、てにをは等の文法に気をつけたり、起承転結を重んじたりと、それなりのルールがあったわけです。

ここで注意すべき点は“読者”がいて、文章を読んでくれることを前提に書くものであったということです。

一方で、ウェブ上では読者はより役に立つ情報を求めています。

そんな時代にあっては、文章を読んでくれる人がいることを前提に書く従来の書き方とは違う技術が必要になるのです。それは人の目について、読んでくれる人を集められるような文章を書く技術とも言えるでしょう。

ウェブ時代の文章の書き方はコンサートではなくストリートライブであると、本書では述べられています。

 

ストリートライブな文章の書き方

それでは、ストリートライブな環境で戦うためには、どのような文章を書けば良いのでしょうか。

それは、人目について、興味を持ってもらい、実際に読まれる文章を書く事ですね。

そして、そのような文章を書くためには、いくつかノウハウがあるのです。

本書では、既によく言われている「ウェブ上ではタイトルが超重要」といった話のほかにも、

・音楽のようにリズム感のある文章を書くにはどうすればいいか

・人の目を引きやすいワードはどのようなものか

・ニッチな文章ほど、他の情報源が少ないので読まれやすい

といったような内容が10項目ほど分かりやすく解説されています。

 

ということで

『武器としての書く技術』、イケダハヤト氏を好きな人にも、嫌いな人にも、知らない人にも、とにかく”文章を書く人”にはオススメの一冊です。

follow

follow us in feedly

  関連記事

本『広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい』。主導権が消費者に移るとき、時代は演説から会話へ。

時代の変遷を理解する 消費させるから、消費されるへ。パワーバランスがひっくり返るとき。 従来、消費者には力があ […]

ジェイZや孫正義も使っていた!敢えて活動範囲を絞る、ランチェスター戦略がおもしろい!

  敢えて狭い地域から始める 以前、ジェイZについての記事を書きました。 その中で、ジェイZがどうや […]

『〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則』(ケヴィン・ケリー)

US版WIRED創刊編集長のケヴィン・ケリー氏の本です。 <インターネットの次に来るもの>というタイトルですが […]

リリシストすぎる『スプートニクの恋人』(村上春樹)がオススメ!

村上春樹という作家 村上春樹を読んだ3月 今年の3月は『ノルウェイの森』をたまたま手にとったのがきっかけとなり […]

セレンディピティを受けよう!視野を広げるのに役立つ7つのウェブサイト等。

日常を前向きに、目標を持って生きていくのには、なかなかエネルギーがいりますよね。 ときには視野が狭くなったり、 […]

本『なぜ、一流の人はハードワークでも心が疲れないのか?―実践版「レジリエンス・トレーニング」』

どの世界においても、活躍している人はパワフルでエネルギッシュです。 この本ではレジリエンス(精神的回復力)とい […]

ドワンゴ会長がジブリに見習いで入社!?『コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと 』がおもしろい。

  筆者の川上量生氏はニコニコ動画を作った人物 この本を書いた川上量生氏は、KADOKAWA・DWA […]

一推しのNewsPicksと、その他のオススメ・ニュースアプリまとめ

2014年はニュースアプリ大戦争な様相を呈していて、あちこちで比較記事も出まくってます。ということで、僕もいろ […]

村上春樹『ノルウェイの森』を読みました。

フィリピンに旅行に行ってきたのですが、フィリピンの海で、ノルウェイの森を読むという、粋なことをしていました。 […]

メロディが消えたとき、ビートと言葉のみが残るのは当然。村上龍の思うヒップホップの誕生。

村上龍の『逃げる中高年、欲望のない若者たち』を読んでいたら、ヒップホップについて、ちょっとだけ触れている部分が […]

PAGE TOP ↑