逆にヒップホップ

公開日: 曲にする程じゃないこと

paradigm_shift

今日も、あるラッパーはフックをメロディアスに歌うかもしれない。あるいはバースまで。

彼は髪をブラウンに染めているかもしれないし、その髪はワックスで端正に立てられているかもしれない。彼はマイクを手に取ると、ポップに、爽やかに、リズミカルに、つまり実にコナレタ風にラップを歌い上げる。

 

今日も、あるラッパーはそれを否定するかもしれない。

あんなのはヒップホップじゃない。ユノンセン?

彼は綺麗なスキンヘッドにSupremeのキャップを被っているかもしれないし、或いは、New Eraのスナップバックを被っているかもしれない。(僕は彼が野球少年みたいに見えていないことを、ただ祈るのだけれど。)

 

そして、少なくともヒップホップ的な世界の、ヒップホップ的な法の下では、後者のスキンヘッドが正義なのだ。

つまり、仮にヒップホップの裁判所のようなものがあり、ヒップホップの裁判官のようなものがいればの話だ。ヒップホップの検察官とヒップホップの弁護士もいるかもしれない。そこでは過去にカニエ・ウェストがバースまで歌った判例では無罪である、しかしカニエ・ウェストの判例ではビートは実に重厚でありバスドラムは太いから今回の事例に当てはめるのは不適切だ、なんてやってるのだろう。(僕は法学部で2年間学んだが、法学というのは結局のところ、その程度のものなのだ。)

その裁判所では、たとえ二審あたりでワックスが勝訴しても、最終的にはヒップホップの最高裁判所のようなところでの勝負となれば、ーそして、そこには当然ヒップホップの最高裁判官たちがいるのだがー、天王山を制しているのはスキンヘッドなのだ。

 

そして、ワックスはとんでもない言葉を思いつく。

これは「逆にヒップホップ」だ。

 

 

僕はこうして2000年以上前の歴史に思いを馳せる。

そこには一人の男がいた。

彼は各地を点々としながら、弟子を増やし、教えを広めて回る。

「私たちのほうが神の国に近い。逆に救われているのだ。」

そう、彼はイエス・キリストである。

 

後に生まれるという歴史的特権を持つ僕たちは、この戦いの結末をしっている。

「逆に」は負けない。

「逆に」は科学の働かない世界だ。ニュートンの前にリンゴは落ちないし、ガリレオ・ガリレイはピサの斜塔から空高く飛んでいく錘を見上げることになるかもしれない。

 

 

ヒップホップはこうして今日も解体され、再構築されていく。

それは、正しい・間違いの問題ではなく、ルサンチマンの哲学的な問題なのだ。

 

僕たちはこの先「逆にヒップホップ」の強さの証人となって、やがてそんなことは誰もが忘れてしまうだろう。そこには当たり前のように歌うワックスがたくさんいるのかもしれない。

そして誰もがそんな逆転劇を忘れてしまった頃に、スポットライトも当たらないエッジでひっそりと、新しい「逆にヒップホップ」が芽を出すのだ。 

 

follow

follow us in feedly

  関連記事

説明ほど大事なものはない

説明しなくても分かるものこそ素晴らしい。 僕はずっとそういうスタンスを信じてました。 説明しないと分からないの […]

その歳でしか書けない歌詞

家の近くに4回くらい行ったバーがあります。 「家の近くに行き着けのバーがあったらやばくね(笑)」なんて全然やば […]

そういえば、僕が中学2年生のときに、学校の国語の先生が、1年ごとにアルバムを1枚聴き倒してるといっていました。

アップルミュージック楽しいですよね。 水道をひねるように音楽があふれでてくる。 ちょっと僕には処理しきれない量 […]

ノスタルジックは消費的

昨日、2ヶ月弱の八戸生活を終えて、東京に戻ってきました。   この2ヶ月間はわりと消費的に過ごした気 […]

【RAqのマガジン vol.1】音楽ストリーミング戦争がはじまった!

ちょっと、新しい形のキュレーションを試してみたいなと思っているので、不定期でマガジン的な記事を書いていきたいと […]

「選択肢が豊富だけど、どれを選ぶか考えなくていい」という仕組みは秀逸だなぁと改めて思ったりするのです

豊かさというのは、いろんな基準で計ることができると思います。 お金がたくさんある、おいしいものを食べられる、ひ […]

「音楽だけで食う」の違和感。「ラッパーとして回収される」が100倍しっくりきたよ。

「音楽だけで食っていきたいですか?」 こんな風にインタビューで訊かれたことってあると思うんですよね。(あるいは […]

「正しいやり方を覚えておかないと、いずれ行き詰るよ」的な話は、行き詰ってから考えれば良いと思う

「最初に正しいやり方を覚えた方がいいよ」みたいなのあるじゃないですか。 「そのままだと行き詰るから」みたいな。 […]

スティーブ・ジョブズは、世界を騙して”小型PC”を爆発的に普及させた。

仕事柄、インターネットについて考えることは超大事なのですが、なかなか時間が取れていない気がするので、頭の中を整 […]

文系のものづくり

最近、よく推されてるのを見かける『コンサル一年目が学ぶこと』   買って読んでみてるのです。 何目線 […]

PAGE TOP ↑