文系のものづくり

公開日: 曲にする程じゃないこと

makers

最近、よく推されてるのを見かける『コンサル一年目が学ぶこと』

 

買って読んでみてるのです。

何目線だって話ですが、まぁ悪くはないんですね。

質問には、まずそのまま答えましょうとか書かれてる訳です。

「遅刻しました。」

「いつ頃、着きそうなんだ?」

の流れであれば、

「あと○分です」「○時頃です」と答える訳ですね。言い訳は後で良いのです。

「昨晩の接待で飲み過ぎまして、目覚ましは仕掛けていたのですが、電池が切れていて、今起きたところでして」とかうだうだ言ってるとアウトだと。

あとはPREPで語りましょうとか、その手のことが書かれてる訳です。

いわゆる仕事力的なことですよね。

 

それで、この本を読んでいてふと思ったのですが、文章が全然面白くないなと。

まぁビジネス書なので文章が面白い必要もないんですが、コンサルが書く文章って、中身はともかく、ここまで面白くないのかと。無駄もないし、広がってもいかない文章なわけです。読めと言われれば読めるし、役に立つと言われれば読んでも良いけど、あんまりページめくってく気もしない文章ですね。

コンサルって文系の意識高い人が目指したりするんですが、基本的にはバリバリ理系職ですよね。ということで、理系の書く文章はこうなるのかぁと改めて思ったのです。(めちゃくちゃ乱暴な括りで申し訳ないのですが、あくまでも”理系的な文章を書く理系”ってことです。)

今の時代に理系文系とかいうのもあほらしいのですが。

 

やっぱり文章って合理的に作ってしまうとつまらないんですね。

言葉のリズム感ってのがあるわけです。オチの前はほどよくふわっと引き延ばすとか、文章の切れ目には余韻を残すとか、すごく感覚的なものですが、あるわけです。

“ものづくり”がオンデマンド化して、企画という仕事が重要でなくなり、どんどん現場の理系が主役になっていく中で、世界に言葉が残るのなら、ここはやっぱり”文系のものづくり”の領域だなぁと。

 

そんな、肉にも魚にもならないことを考えてました。(でも胡椒にはなるのです。)

follow

follow us in feedly

  関連記事

でも最後は社会に戻ってくる。『海辺のカフカ』じゃないですけどね。

たまにはブログっぽくツラツラと書いてみよう。 そんな風に思い立って、いまパソコンに向かっています。 とは言って […]

インターネットの希望と、インターネットの絶望

僕はこれまで数年間、インターネットのもたらす希望の側面ばかりを見てきました。世の中はどんどん便利になっています […]

スティーブ・ジョブズは、世界を騙して”小型PC”を爆発的に普及させた。

仕事柄、インターネットについて考えることは超大事なのですが、なかなか時間が取れていない気がするので、頭の中を整 […]

【RAqのマガジン vol.1】音楽ストリーミング戦争がはじまった!

ちょっと、新しい形のキュレーションを試してみたいなと思っているので、不定期でマガジン的な記事を書いていきたいと […]

説明ほど大事なものはない

説明しなくても分かるものこそ素晴らしい。 僕はずっとそういうスタンスを信じてました。 説明しないと分からないの […]

逆にヒップホップ

今日も、あるラッパーはフックをメロディアスに歌うかもしれない。あるいはバースまで。 彼は髪をブラウンに染めてい […]

情報リテラシーは「嘘を嘘と見抜く力」だけじゃなく「嘘を嘘と見抜けないことを前提とした情報との付き合い方」もあると思う

以下のような記事がタイムラインに流れてきました。 「安保法案反対デモで孫が死んだ」とのデマがTwitter拡散 […]

「音楽だけで食う」の違和感。「ラッパーとして回収される」が100倍しっくりきたよ。

「音楽だけで食っていきたいですか?」 こんな風にインタビューで訊かれたことってあると思うんですよね。(あるいは […]

「正しいやり方を覚えておかないと、いずれ行き詰るよ」的な話は、行き詰ってから考えれば良いと思う

「最初に正しいやり方を覚えた方がいいよ」みたいなのあるじゃないですか。 「そのままだと行き詰るから」みたいな。 […]

良い憂鬱と悪い憂鬱

良い憂鬱は、失敗のプレッシャーを前にした憂鬱です。 全社へのプレゼンを控えて過ごす週末、大きな会場でのライブ前 […]

PAGE TOP ↑