ノスタルジックは消費的

nostalgic

昨日、2ヶ月弱の八戸生活を終えて、東京に戻ってきました。

 

この2ヶ月間はわりと消費的に過ごした気がします。

(出費も東京で暮らしているときの軽く倍くらいでした。)

 

八食センター、種差海岸、奥入瀬渓流、十和田湖、恐山、映画、映画、飲み、飲み、飲み。ついでに飲み。

八戸にいる間は終始、なぜか中学生時代が脳裏によぎるようなノスタルジックな生活だなぁなん思っていたので、昨日新幹線の中でそのことについて考えてみたのですね。

そして、ひとつの仮の結論のようなものが出たわけです。

ノスタルジックは消費的だなと。

スポンサーリンク

 

ノスタルジックは消費的

僕たちはまだ小さいうちは生産活動を行いません。

もちろん砂場で城を作ったりと一定のクリエイティブな活動はしていたかもしれませんが、乱暴に言ってしまえば、全体的には「子どもほど消費的に世界を生きている」という、当たり前の事実に気付いたわけです。

つまり、八戸では普段より消費的な生活をしたことで、ノスタルジックさを感じたのかなと。

ここはおそらく凄く感覚的に結びついてる気がします。

(「思い出」や「子ども時代」と「ノスタルジック」は凄く論理的に結びついているのです。)

なので、たとえば音楽でノスタルジックな雰囲気を出したければ、歌詞を徹底的に消費的にしてみればいいのではないかなと。

そのうち試してみたいと思います。

『アウフヘーベン』 を試聴する

iTunesで試聴する

  関連記事

スティーブ・ジョブズは、世界を騙して”小型PC”を爆発的に普及させた。

仕事柄、インターネットについて考えることは超大事なのですが、なかなか時間が取れていない気がするので、頭の中を整 […]

インターネットの希望と、インターネットの絶望

僕はこれまで数年間、インターネットのもたらす希望の側面ばかりを見てきました。世の中はどんどん便利になっています […]

情報リテラシーは「嘘を嘘と見抜く力」だけじゃなく「嘘を嘘と見抜けないことを前提とした情報との付き合い方」もあると思う

以下のような記事がタイムラインに流れてきました。 「安保法案反対デモで孫が死んだ」とのデマがTwitter拡散 […]

奥入瀬渓流を超えると十和田湖の絶景。朝には鏡のような湖面。

八戸から車で二時間ほど。 青森県と秋田県のちょうど境目あたりに十和田湖という湖がある。 湖といえばカナダだ。僕 […]

ナメられたら終わるアイスホッケー選手たち

昨日はアイスホッケーを見に行きました。 八戸のFree Bladesっていうチームがあるんですね。それで、みん […]

文系のものづくり

最近、よく推されてるのを見かける『コンサル一年目が学ぶこと』   買って読んでみてるのです。 何目線 […]

「選択肢が豊富だけど、どれを選ぶか考えなくていい」という仕組みは秀逸だなぁと改めて思ったりするのです

豊かさというのは、いろんな基準で計ることができると思います。 お金がたくさんある、おいしいものを食べられる、ひ […]

逆にヒップホップ

今日も、あるラッパーはフックをメロディアスに歌うかもしれない。あるいはバースまで。 彼は髪をブラウンに染めてい […]

説明ほど大事なものはない

説明しなくても分かるものこそ素晴らしい。 僕はずっとそういうスタンスを信じてました。 説明しないと分からないの […]

「正しいやり方を覚えておかないと、いずれ行き詰るよ」的な話は、行き詰ってから考えれば良いと思う

「最初に正しいやり方を覚えた方がいいよ」みたいなのあるじゃないですか。 「そのままだと行き詰るから」みたいな。 […]

PAGE TOP ↑