ケンドリック・ラマーは彼の曲を「シングルじゃなくて宣誓と呼んでほしい」。

公開日: インタビュー

kendrick-lamar-by-robyn-beck-afp

*この記事はHIPHOP DXに掲載されている記事の和訳です。

スポンサーリンク

 

「この音楽は世界中で聴かれなきゃいけないものだ。俺だけのためじゃない。ストレスや、」ケンドリック・ラマーは言う。「俺たちの生き方そのもののためにね。」

ケンドリック・ラマーの新曲”i”が今週の火曜日(9月23日)にリリースされた。しかしTDEのラッパー(ケンドリック・ラマー)はこの曲を”シングル”という言い方はしてほしくないという。

「俺はシングルって言葉を消してしまいたいと思うんだ」とケンドリック・ラマーはロサンゼルスのラジオ局、Power 106におけるJeff Gとのインタビューで語った。「俺は自分がリリースするものを全て”宣誓”って呼びたいんだ。何故かって?この音楽は世界中で聴かれなきゃいけないものなんだ。俺だけのためじゃない。ストレスや俺たちの生き方そのもののためにね。俺は作品をリリースするたびに、俺は宣誓をしてるってことを続けたいと思うんだ。」

火曜日に放送されたAMPのラジオとのインタビューの中で、コンプトンのラッパー(ケンドリック・ラマー)は次のアルバムの制作にあたっては、外部の音楽的影響を出来るだけ少なくしようとしていると語った。

「俺がアルバムや何らかの曲を作るとき、俺はラジオから聴こえてくる全てのものを切断してしまうんだ。なぜなら、そこから聴こえてくる音楽にいとも容易く影響されてしまうからね。好きな曲にしろ、好きでない曲にしろ。」とラマーは言う。「だから、俺はスタジオに入っていって、自然と感じるままに曲を作るんだ。業界のスタンダードや、みんなが俺にこうするべきだって言うことに流されないようにね。だって結局のところ、俺はアーティストだし、俺は停滞するなんてゴメンだからさ。」

これで丸わかり!ケンドリック・ラマーとは?

follow

follow us in feedly

  関連記事

「”世代の声”としての立場に責任を持たなければいけない」。ケンドリック・ラマーのインタビュー和訳(PART2)。

Translated by Peter Gardiner part1:当初はアルバム名が『To Pimp A […]

「音楽なら2億円で製作して、庶民的な価格で販売できる。服は現状、そうはいかない」。カニエ・ウェストが語る、服業界の抱える問題。

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与え […]

「白人の母親にニガーと呼ばれていた」。Logicが語る、母親の人種差別的虐待、父親のドラッグ中毒、幼少時代の生活についての周囲の誤解。

母親の人種差別的虐待、父親のドラッグ中毒、幼少時代の生活についての誤解 家には銃があり、兄弟は麻薬の売人。フー […]

【インタビュー】「あの歌を作った時、自分を納得させようとしてた」。A$AP Rockyがリタ・オラをディスった理由等。

  この記事はこちらのインタビュー動画を和訳したものです。   A$AP Rockyのシェ […]

「契約前からJay Zはメンターだった」。J.Coleが語るJay Zとの関係。

*この記事はHIPHOP DXに掲載されている記事の和訳です。   J.Coleは7歳のときに既にT […]

「18歳という統計的なファン層をターゲットにしない」。Jay Zが音楽業界で成功し続けてきた理由とは。

・この対談の動画もぜひご覧ください!(動画はこちら) part1:「彼女は言葉への愛をくれたんだ」。JAY Z […]

【和訳+解説】 Kendrick Lamar – For Free?

ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)の『To Pimp a Butterfly』から&#822 […]

今のラッパーたちは「かわいい子どもたち」。日本語ラップの土台を築いてきたK DUB SHINEが裾野の広がるシーンを見て思うこと。

この記事は以下の動画を書き起こしたものです。 ・元動画はこちら   RGTOが大人気 SALU:お送 […]

「次の日にはリークするかもしれないアルバムを500万ドルで買い戻した」。JAY Zが眠れない日々を過ごしたBLUE PRINT 3の裏話。

・この対談の動画もぜひご覧ください!(動画はこちら) part1:「彼女は言葉への愛をくれたんだ」。JAY Z […]

ナズがチーフキーフを擁護。「ストリートでは自分がゼロだって感じたら、何にだって手を染めてしまう。」

  ナズは言う。「自分には何も無いと感じるとき、とても小さなことが人生に目的を与えてくれることがある […]

PAGE TOP ↑