ナズがチーフキーフを擁護。「ストリートでは自分がゼロだって感じたら、何にだって手を染めてしまう。」

公開日: インタビュー ,

nas

 

ナズは言う。「自分には何も無いと感じるとき、とても小さなことが人生に目的を与えてくれることがある。」

ナズは最近(2014年4月)、REVOLTとのインタビューでチーフ・キーフについて触れた。

スポンサーリンク

 

「みんなが理解しなければいけないのは、ストリートではルールが違うってことだ。歴史の中に何らかの方法で自分の名前を書き連ねない限りは、お前は存在しないも同然なんだ」とナズは言う。

「みんな”何でそっちの方向に行くんだ?何でコイツらはこんなことをするんだ?”って言う。俺も言うけどね。『Scarface』や『Paid In Full』って映画がどういうエンディングを迎えたかは知ってるだろ。それなのに何で同じ道を歩むんだ?って考えるのは不思議なことじゃない。でも、そこには理由があるんだ。ストリートではみんなまず自分を見つけなければいけないんだ。ストリートに暮らしていると、自分には何も無いと感じるとき、とても小さなことが人生に目的を与えてくれることがある。」

「みんな行き着く先なんて気にしてないんだ。どうせ何も無いところからスタートしてるからさ。」とナズは付け加える。「自分がゼロだって感じたら、自分は存在しないも同然だって感じたら、何にだって手を染めてしまうもんさ。だって存在しないも同然なんて嫌だろ。何も持ってないなんてゴメンだろ。生きてるって感じるためなら、何だってしてしまう。それは刑務所に入る可能性があることかもしれない。それでも手を染めてしまうのさ。」

チーフキーフはキャリアを通して何度も法的なトラブルを抱えて来た。彼は職業に影響を与えてしまう程にドラッグに漬かりきっていることもまた確かだ。2014年の2月には、チーフキーフはドラッグ中毒によって良い音楽を作るための能力が損じられたとも述べている。「俺のミックステープの過去2作品は失敗作だ。」と『Bang Pt.2』と『Almighty So』についてチーフキーフは述べていた。「プロメタジンをやりすぎた。」とキーフは付け加えた。「俺はめちゃくちゃだった。もうコデインはやらない。」

チーフキーフについてのナズのインタビューは以下を参照。

*この記事はHIPHOP DXに掲載されている記事の和訳です。

『アウフヘーベン』 を試聴する

iTunesで試聴する

  関連記事

「多くの人達と、久しく会いながら遊ぶ男」。游久(ゆ~きゅ~)インタビュー

“ホンモノ”が本格的に動き出した。 知る人ぞ知る存在だった游久が、5ヶ月連続のEPリリース。 そして、来年には […]

「音楽なら2億円で製作して、庶民的な価格で販売できる。服は現状、そうはいかない」。カニエ・ウェストが語る、服業界の抱える問題。

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与え […]

ケンドリック・ラマーは彼の曲を「シングルじゃなくて宣誓と呼んでほしい」。

*この記事はHIPHOP DXに掲載されている記事の和訳です。   「この音楽は世界中で聴かれなきゃ […]

「自分を何様だと思ってるかって?さっき言っただろ、神様だよ!」。お前は何でも出来る、と言われて育てられたカニエの成功観。

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与え […]

「ずば抜けて歌詞がおもしろかった」。スチャダラパーと宇多丸師匠が語る、ブッダブランドの歌詞のおもしろさ。

*この記事は、こちらの動画を文字起こししたものです。 Part1(「小泉京子さんのスキットが入っているのを聞い […]

「白人の母親にニガーと呼ばれていた」。Logicが語る、母親の人種差別的虐待、父親のドラッグ中毒、幼少時代の生活についての周囲の誤解。

母親の人種差別的虐待、父親のドラッグ中毒、幼少時代の生活についての誤解 家には銃があり、兄弟は麻薬の売人。フー […]

「18歳という統計的なファン層をターゲットにしない」。Jay Zが音楽業界で成功し続けてきた理由とは。

・この対談の動画もぜひご覧ください!(動画はこちら) part1:「彼女は言葉への愛をくれたんだ」。JAY Z […]

「お前も一緒に働いて、こいつらを使った方が良いぜ」。Big SeanにとってのRoc Nation加入が意味すること。

「君たちが好きか嫌いかに関わらず、もうこの文化の一部になってしまってるのさ」、Big Seanは彼のいくつかの […]

「”世代の声”としての立場に責任を持たなければいけない」。ケンドリック・ラマーのインタビュー和訳(PART2)。

Translated by Peter Gardiner part1:当初はアルバム名が『To Pimp A […]

「俺がやろうとしていることに他人のストーリーをかぶせるなんて、したくなかった」。Logicが1st アルバムに客演を呼ばなかった理由。

親父は俺の人格を盗んだ Logicの父親は、彼の成長をいつもそばで見守っていた訳ではない。そして彼にとって父親 […]

PAGE TOP ↑