ナズがチーフキーフを擁護。「ストリートでは自分がゼロだって感じたら、何にだって手を染めてしまう。」

公開日: インタビュー ,

nas

 

ナズは言う。「自分には何も無いと感じるとき、とても小さなことが人生に目的を与えてくれることがある。」

ナズは最近(2014年4月)、REVOLTとのインタビューでチーフ・キーフについて触れた。

スポンサーリンク

 

「みんなが理解しなければいけないのは、ストリートではルールが違うってことだ。歴史の中に何らかの方法で自分の名前を書き連ねない限りは、お前は存在しないも同然なんだ」とナズは言う。

「みんな”何でそっちの方向に行くんだ?何でコイツらはこんなことをするんだ?”って言う。俺も言うけどね。『Scarface』や『Paid In Full』って映画がどういうエンディングを迎えたかは知ってるだろ。それなのに何で同じ道を歩むんだ?って考えるのは不思議なことじゃない。でも、そこには理由があるんだ。ストリートではみんなまず自分を見つけなければいけないんだ。ストリートに暮らしていると、自分には何も無いと感じるとき、とても小さなことが人生に目的を与えてくれることがある。」

「みんな行き着く先なんて気にしてないんだ。どうせ何も無いところからスタートしてるからさ。」とナズは付け加える。「自分がゼロだって感じたら、自分は存在しないも同然だって感じたら、何にだって手を染めてしまうもんさ。だって存在しないも同然なんて嫌だろ。何も持ってないなんてゴメンだろ。生きてるって感じるためなら、何だってしてしまう。それは刑務所に入る可能性があることかもしれない。それでも手を染めてしまうのさ。」

チーフキーフはキャリアを通して何度も法的なトラブルを抱えて来た。彼は職業に影響を与えてしまう程にドラッグに漬かりきっていることもまた確かだ。2014年の2月には、チーフキーフはドラッグ中毒によって良い音楽を作るための能力が損じられたとも述べている。「俺のミックステープの過去2作品は失敗作だ。」と『Bang Pt.2』と『Almighty So』についてチーフキーフは述べていた。「プロメタジンをやりすぎた。」とキーフは付け加えた。「俺はめちゃくちゃだった。もうコデインはやらない。」

チーフキーフについてのナズのインタビューは以下を参照。

*この記事はHIPHOP DXに掲載されている記事の和訳です。

follow

follow us in feedly

  関連記事

当初はアルバム名が『To Pimp A Caterpillar』で頭文字がT(u).P.A.Cになる予定だった。ケンドリック・ラマーのインタビュー和訳。

この記事はMTVのインタビュー動画を和訳したものです。 Translated by Peter Gardine […]

今のラッパーたちは「かわいい子どもたち」。日本語ラップの土台を築いてきたK DUB SHINEが裾野の広がるシーンを見て思うこと。

この記事は以下の動画を書き起こしたものです。 ・元動画はこちら   RGTOが大人気 SALU:お送 […]

「矛盾を表現するには一面だけを描く事はできなかった」。MC松島『病気EP』、発売記念インタビュー。

9月15日にMC松島氏とA-QUIK氏の共作によるストリートEP『病気EP』が発売されます。   → […]

「”世代の声”としての立場に責任を持たなければいけない」。ケンドリック・ラマーのインタビュー和訳(PART2)。

Translated by Peter Gardiner part1:当初はアルバム名が『To Pimp A […]

「お前も一緒に働いて、こいつらを使った方が良いぜ」。Big SeanにとってのRoc Nation加入が意味すること。

「君たちが好きか嫌いかに関わらず、もうこの文化の一部になってしまってるのさ」、Big Seanは彼のいくつかの […]

NO.Aインタビュー「鹿児島から全国へ」

4枚目のアルバム「Firm Belief」を発売したNO.A(ナンバーエー)。 客演に空也MC、SNEEEZE […]

MC松島インタビュー「現代社会における言葉の救世主」

MC松島。 正直に言えば「よくわからない」これが印象だった。 活動を見ていたら現状を変えたいという強い思いが伝 […]

ケンドリック・ラマーは彼の曲を「シングルじゃなくて宣誓と呼んでほしい」。

*この記事はHIPHOP DXに掲載されている記事の和訳です。   「この音楽は世界中で聴かれなきゃ […]

「多くの人がそこで過ちを犯してる」。Jay Zが他のアーティストとステージに立つ理由。

・この対談の動画もぜひご覧ください!(動画はこちら) part1:「彼女は言葉への愛をくれたんだ」。JAY Z […]

「多くの人達と、久しく会いながら遊ぶ男」。游久(ゆ~きゅ~)インタビュー

“ホンモノ”が本格的に動き出した。 知る人ぞ知る存在だった游久が、5ヶ月連続のEPリリース。 そして、来年には […]

PAGE TOP ↑