メロディが消えたとき、ビートと言葉のみが残るのは当然。村上龍の思うヒップホップの誕生。

公開日:

queens

村上龍の『逃げる中高年、欲望のない若者たち』を読んでいたら、ヒップホップについて、ちょっとだけ触れている部分があったので紹介します。

スポンサーリンク

 

メロディが消えて、ビートと言葉だけの音楽が生まれた

以下の文章です。

国民的なメロディは、国民的な悲しみが国を覆っているときに必要とされる。第二次世界大戦は多くの人々にそれまでにない強烈なダメージを与えた。廃墟からの復興には、大勢の人々の心を癒す美しいメロディが必要だった。終戦直後の日本を描いた映画やテレビドラマでは必ず『リンゴの唄』という歌謡曲が流れる。『リンゴの唄』が聞こえてくるだけで時代がわかるわけだが、八十年代以降、演歌だろうが歌謡曲だろうがポップスだろうがフォークソングだろうが、そんな歌はどこにもない。

国民的な悲しみが消えたときに、メロディも消えたのだ。メロディが失われると、ジャズも終わってしまった。イタリアのカンツォーネもフランスのシャンソンも、もちろんポルトガルのボサノバも全部「懐かしのメロディ」と化した。メロディが消失したあとに、ビートと言葉だけの音楽が生まれるのは当然のことだった。ヒップホップは必要とされて誕生したのだと思う。

 

ということで

まぁヒップホップの歴史はそんなんじゃねーよという反論もあるでしょうが、こういう見方も面白いなぁと思いました。

村上龍は小説だと毎回途中で挫折するのですが、コラムは本当に面白いのでオススメです。

 

follow

follow us in feedly

  関連記事

本『なぜ、一流の人はハードワークでも心が疲れないのか?―実践版「レジリエンス・トレーニング」』

どの世界においても、活躍している人はパワフルでエネルギッシュです。 この本ではレジリエンス(精神的回復力)とい […]

180度違う!ウェブ時代の文章の書き方を解説した『武器としての書く技術』を読みました。

読んでくれること、受け取ってくれることを前提としてコミュニケーションを取る時代が終わっています。 テレビのCM […]

【書評】リアルなピンプ稼業をリリカルに描いた『ピンプ』を読んでみた。

こちらの作品、借りて読んだのですが、”ピンプ”という言葉のイメージが丸っきり変わってし […]

ここ数年で読んで面白かった本のまとめ

たまに「読んでる本を教えて~」といわれるので、読んでる途中の本もありますが、ここ数年でおもしろかった本で、たぶ […]

ドワンゴ会長がジブリに見習いで入社!?『コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと 』がおもしろい。

  筆者の川上量生氏はニコニコ動画を作った人物 この本を書いた川上量生氏は、KADOKAWA・DWA […]

「ツイッターは人間の勝利」。人間の良い行いをする力を信じ続けた創業者、ビズ・ストーンが本当に魅力的。

Twitterの創業者の一人にビズ・ストーンという人がいます。 ビズ・ストーンは、スティーブ・ジョブズやマーク […]

『MEDIA MAKERS』(田端信太郎)が本気の良書だった。

イケダハヤトさんがメディア業界を志す人は必読の本として薦めていたのがきっかけで、田端信太郎さんの『MEDIA […]

本『東京奇譚集』(村上春樹)。不可思議なものを受け入れると見える世界。

奇譚(きたん)。珍しい話、不思議な話。 この短編集はそんな不可思議な話を5つ詰め込んだものです。 サメに殺され […]

リリシストすぎる『スプートニクの恋人』(村上春樹)がオススメ!

村上春樹という作家 村上春樹を読んだ3月 今年の3月は『ノルウェイの森』をたまたま手にとったのがきっかけとなり […]

『〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則』(ケヴィン・ケリー)

US版WIRED創刊編集長のケヴィン・ケリー氏の本です。 <インターネットの次に来るもの>というタイトルですが […]

PAGE TOP ↑