「Controlがリリースされた次の日にMt.Olympusを書き始めた」。Big K.R.I.T.が語るMt.OlympusとCadillacticaの製作。

公開日: インタビュー

bigkrit2

Big K.R.I.T.はEliott Wilsonとのインタビューに参加した。

スポンサーリンク

 

最初のパートではBig K.R.I.T.は『Cadillactica』や音楽業界のビジネス面から離れるようになったモチベーションについて語った。インタビューの中で、K.R.I.T.は突出したシングルよりも、「全身全霊の作品」をファンは望んでいるだろうと説明。

11月にリリースが予定されている『Cadillactica』について、K.R.I.T.はアルバムのコンセプトを説明し、それから『Live From The Underground』からどのようにアプローチがシフトしていったかを語った。

「最初に気付いたのは、ビジネスと製作を同時に学ぶのは不可能だってことなんだ。なぜなら、ビジネス面で発生することは俺のクリエイティビティに影響を与えてしまうからね。」と彼は言う。「もし俺がビジネスの方面で怒りを感じたら、それが俺の音楽の中にも反映されてしまう。それだけは避けなきゃいけないってのを学んだんだ。『Cadillatica』の製作中はビジネスからは距離を置いたんだ。俺のチームやスタッフがきちんとやってくれると信じることにしたってことさ。スタッフが俺のところに来るとき、いつも選択肢がある状態で来てた。『こうする?それともこうする?』ってね。『何がしたい?』じゃなくてね。だから俺は『キックドラムが良く鳴るようにしておきたい』ってレベルに集中することが出来た。俺がやったのは今回のアルバムのビジネス面から俺の存在を少し取り除いたってことなんだ。DutchやSteveoには本当に感謝してるよ。俺は落ち着いてプロデューサー達と製作をして、ただのアーティストでいることが出来た。」

彼の次のシングルのプロダクションはRaphael Saadigになるという。K.R.I.T.はTony! Toni! Toné!との製作について語った。この歌手はヴァイブスがあって自然体だったという。

「みんなは必ずしも、俺にシングルを期待しているわけではないと思うんだ。」と彼は付け加える。「みんなは全身全霊の作品を望んでる。俺が音楽の中で成長するためには、俺はサンプリングしまくるって製作手法から距離を取って、みんながサンプリングしたくなるような音楽を作り始めなきゃいけないって思うんだ。Raphaelとの製作では作詞に打ち込む機会も与えてくれた。だから俺が歌詞を書いていたら、もう声がまるっきり違うんだ。とてもクリアな声になった。いつもみたいにビート作りとフック作りで疲れてない分、違うエネルギーがあったのさ。」

直近でリリースされた『Mt. Olympus』のインスピレーションについて、K.R.I.T.はある感情を抱いていたという。Kendrick LamarのControlでのバースで名前を挙げられた他のラッパーたちとメディアでの扱いが違うと感じていたのだ。

「俺にとって、これはただControlのビートにバースを乗っけるってのよりは大きい問題だったんだ。もしこれにレスポンスするなら、まずは自分でビートを作って、コントロールよりもハードなビートを作るところからだなって。よし、やってやるよって感じだね。バースがどうのこうのってシチュエーションを塗り替えてやるってね。俺にとって、”聴いてもらえる”って状態は俺がずっと欲しかったものなんだ。俺は自分を証明するためにたくさんのことをしてきた。俺は地理的にいえば”ラップが出来る”というイメージではない地域の出身だからね。」

「俺はControlのバースが出て来て、次の日にはバースを書き始めた。」と彼は言う。「でも何で俺がすぐにそれをドロップしなきゃいけないんだ?って思ったんだ。戦略的に他の方法があるってね。Controlのアンサーをすぐにドロップするってのは、俺にとってあまり助けにならなかったと思う。このゲームはチェスだ。チェッカーじゃないって思ったんだ。お前が俺を飛び越えて、すぐに俺がお前を飛び越えるわけじゃない。俺はこのゲームについてちょっと考える時間がいるなってね。」

K.R.I.T.は『Cadillactica』には『Mt. Olympus』のオルタナティブ版が収録されているとも明かした。

「リミックスなんだ」と彼は言う。「Dahiに感謝だな。Dahiがビートを作り直してくれた。サンプリングの権利の問題をクリア出来なかったんだ。だからフリーで出してたんだ。」

 

*この記事はHIPHOP DXに掲載されている記事の和訳です。

  関連記事

「動かない奴らは何がその後に起こりうるかという妄想の奴隷になっている」。カニエ・ウェストの語る、理想の現実を追い続ける姿勢。

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与え […]

ナズがチーフキーフを擁護。「ストリートでは自分がゼロだって感じたら、何にだって手を染めてしまう。」

  ナズは言う。「自分には何も無いと感じるとき、とても小さなことが人生に目的を与えてくれることがある […]

「珍コンビ名盤みたいな変なコラボ曲を作りたかった」。スチャダラパーが語る”今夜はブギーバック”の誕生秘話。

(画像引用元) *この記事は、こちらの動画を文字起こししたものです。 Part1(「小泉京子さんのスキットが入 […]

スヌープ・ドッグの新作はファレルが”最初から最後まで”プロデュース!

*この記事はHIPHOP DXに掲載されている記事の和訳です。   スヌープ・ドッグによると、ファレ […]

「自分を何様だと思ってるかって?さっき言っただろ、神様だよ!」。お前は何でも出来る、と言われて育てられたカニエの成功観。

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与え […]

当初はアルバム名が『To Pimp A Caterpillar』で頭文字がT(u).P.A.Cになる予定だった。ケンドリック・ラマーのインタビュー和訳。

この記事はMTVのインタビュー動画を和訳したものです。 Translated by Peter Gardine […]

「向こうの人が”I Rhyme”と言うのを聴いて、韻を踏む競争心が芽生えた」。K DUB SHINE氏が語る、日本語ラップでの韻踏みの黎明期。

この記事は以下の動画を書き起こしたものです。 ・元動画はこちら Part1『今のラッパーたちは「かわいい子ども […]

「矛盾を表現するには一面だけを描く事はできなかった」。MC松島『病気EP』、発売記念インタビュー。

9月15日にMC松島氏とA-QUIK氏の共作によるストリートEP『病気EP』が発売されます。   → […]

「次の日にはリークするかもしれないアルバムを500万ドルで買い戻した」。JAY Zが眠れない日々を過ごしたBLUE PRINT 3の裏話。

・この対談の動画もぜひご覧ください!(動画はこちら) part1:「彼女は言葉への愛をくれたんだ」。JAY Z […]

「多くの人達と、久しく会いながら遊ぶ男」。游久(ゆ~きゅ~)インタビュー

“ホンモノ”が本格的に動き出した。 知る人ぞ知る存在だった游久が、5ヶ月連続のEPリリース。 そして、来年には […]

PAGE TOP ↑