“Mat Franco”。この手品師の名前を覚えておいた方がいい。


アートとデザイン / 土曜日, 11月 8th, 2014

 

Mat Franco。

僕たちはこの名前を覚えておいた方がいいでしょう。

 

https://www.youtube.com/watch?v=7nrJeYaGK1M

 

彼がAGTで見せた手品は、テーブルマジックを生まれ変わらせました。

テンポ、語り、息遣い、ダイナミックさ。あらゆる面で。

 

https://www.youtube.com/watch?v=Ssb1HSgo5Dg

 

テーブルマジックのマジシャンというのは、まるで凄腕ハッカーのようです。

基礎的な原理を組み合わせながら、嘘のような話を現実にしていく。

 

今の手品では、不思議なことを起こせるから凄いなんて話は通用しません。

相手が選んだカードが分かると凄い。でも、満足はしません。

そのカードが何故か相手のポケットから出てきたら、本当に凄い。けれど、そんなのは見飽きています。

手品では、不思議なことを現実にするのは当たり前、どんな不思議なことを起こしてくれるかに僕たちは期待しているのです。

 

手品師にもクリエイティビティが求められる時代だといえるでしょう。

そして、このMat Francoはそれを持っています。確実に。