「俺がやろうとしていることに他人のストーリーをかぶせるなんて、したくなかった」。Logicが1st アルバムに客演を呼ばなかった理由。

公開日: インタビュー

logic

スポンサーリンク

親父は俺の人格を盗んだ

Logicの父親は、彼の成長をいつもそばで見守っていた訳ではない。そして彼にとって父親との思い出は、あまり良いものではなかったようだ。

Vibe誌のインタビューで、Logicは次のように語っている。

「俺は本当の意味で親父と暮らしたことはなかった。俺たち家族と暮らしていたとき、親父はいつも何かしら奪っていった。たとえば、俺は親父にIDを盗まれたことがある。俺の本名はSir Robert Bryson Hall Ⅱで、親父の名前はRobert Bryson Hallだ。ある時、親父は俺のソーシャルセキュリティーカードを使って、俺の名前で10枚かそこらのクレジットカードを手に入れた。そして、買い物とかいろいろなことをしまくってたんだ。危うく、自分でクレジットカードを使い出す前に自分の信用がなくなるところだったよ。でも、当時俺はまだ10歳だったから、政府が親父のしていることに気がついて俺は助かった。」

 

彼はまた、共演したいアーティストについても話してくれた

Def Jam Recordingsと契約したLogicは、次のアルバムには誰も共演者としてフューチャーしていないと言っている。

「俺は自分のストーリーを語りたかった。俺がやろうとしていることに他人のストーリーをかぶせるなんて、したくなかったんだ。Nasの『Illmatic』みたいなアルバムにしたかったのさ。でも、だからって超クールでゴージャスな要素やボーナス的なサプライズがない訳じゃない。すごく荒削りのHip-Hopアルバムだって、ゴージャスな面があってラジオでかかる時があるだろ。」

そうはいっても、メリーランド州出身のこのラッパーには、もちろん一緒に共演したいアーティストがいる。そのリストのトップに書かれているのがNasだ。「Drakeとぜひ仕事がしてみたい。あと、俺の友だちのColeとも。もちろんKanyeもだ。彼にワンバース以上ビートを作って欲しいよ。」

彼はシングル「While You Wait」についても語ってくれた。

「俺は今、アルバム製作に集中してる。ファンも俺が出すアルバムに注目していると思う。サンプル曲をいくつか聞けば、どんな感じかよく分かるよ。ちょうどアルバム用の曲から最初のシングルを発表したところさ。とりあえず出した無料で配布してる曲だから、そのシングルについては俺たちの間では誰もあまり気にしてない。その曲が世に広まってくれることを願ってるけどね。これも計画のうちだ。けど、今はアルバム製作が最優先だ。」

 

*この記事はHIPHOP DXの記事を和訳したものです。

follow

follow us in feedly

  関連記事

「アウトプットの引き出しがたくさんあれば、一つ一つで我侭にならなくて済む」。カニエの向かう先は服のジョイント・ベンチャー?

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与え […]

当初はアルバム名が『To Pimp A Caterpillar』で頭文字がT(u).P.A.Cになる予定だった。ケンドリック・ラマーのインタビュー和訳。

この記事はMTVのインタビュー動画を和訳したものです。 Translated by Peter Gardine […]

「多くの人達と、久しく会いながら遊ぶ男」。游久(ゆ~きゅ~)インタビュー

“ホンモノ”が本格的に動き出した。 知る人ぞ知る存在だった游久が、5ヶ月連続のEPリリース。 そして、来年には […]

「矛盾を表現するには一面だけを描く事はできなかった」。MC松島『病気EP』、発売記念インタビュー。

9月15日にMC松島氏とA-QUIK氏の共作によるストリートEP『病気EP』が発売されます。   → […]

Wu-Tang Clanの新作『A Better Tomorrow』のリリース日が決定。Warner Bors.と契約!

  クラシックのエッセンスで、アナログに作られたレコードだ。 RZAによるとWu-Tang Clan […]

dizインタビュー「枠を知らない“かいぶつ”」。

リリースペースの異様な早さ、Twitterでの謎のつぶやき。 曲を聴けば王道のヒップホップからゴルジェなどジャ […]

【インタビュー】「あの歌を作った時、自分を納得させようとしてた」。A$AP Rockyがリタ・オラをディスった理由等。

  この記事はこちらのインタビュー動画を和訳したものです。   A$AP Rockyのシェ […]

ケンドリック・ラマーは彼の曲を「シングルじゃなくて宣誓と呼んでほしい」。

*この記事はHIPHOP DXに掲載されている記事の和訳です。   「この音楽は世界中で聴かれなきゃ […]

MC松島インタビュー「現代社会における言葉の救世主」

MC松島。 正直に言えば「よくわからない」これが印象だった。 活動を見ていたら現状を変えたいという強い思いが伝 […]

「お前も一緒に働いて、こいつらを使った方が良いぜ」。Big SeanにとってのRoc Nation加入が意味すること。

「君たちが好きか嫌いかに関わらず、もうこの文化の一部になってしまってるのさ」、Big Seanは彼のいくつかの […]

PAGE TOP ↑