良い憂鬱と悪い憂鬱

公開日: 曲にする程じゃないこと

melancholy

良い憂鬱は、失敗のプレッシャーを前にした憂鬱です。

全社へのプレゼンを控えて過ごす週末、大きな会場でのライブ前、納得がいかないアウトプットしか出ない中で迫る締め切り。

失敗が数秒置きに脳裏をよぎり、周りの友人のジョークにも心から笑えないでしょう。

どれだけ準備をしても足りない気がするし、そんな状況を用意した世界を憎んでみたりするのです。

せっかくのステージは落とし穴に思えるかもしれません。

準備をするための数時間は数十分のようにあっという間にすぎて、憂鬱の台風は近付くのです。

けれど、その後には晴天のような達成感が待っていることを本能は知っています。

 

悪い憂鬱は、行き先の無い道が永遠と続くような憂鬱です。

繰り返す単純作業、うだつのあがらない生活。

どんよりとした曇り空が何年も続くような虚無感。

そこには失敗もなければ、成功もないのです。

ただ結果のない日々が続くだけの憂鬱。

 

僕たちは、憂鬱を感じるとき、良い憂鬱なのか、悪い憂鬱なのかを見極めなければいけないでしょう。

そうすれば、進むべきなのか、逃げるべきなのかが自ずと見えてくるのです。

『アウフヘーベン』 を試聴する

iTunesで試聴する

  関連記事

「音楽だけで食う」の違和感。「ラッパーとして回収される」が100倍しっくりきたよ。

「音楽だけで食っていきたいですか?」 こんな風にインタビューで訊かれたことってあると思うんですよね。(あるいは […]

文系のものづくり

最近、よく推されてるのを見かける『コンサル一年目が学ぶこと』   買って読んでみてるのです。 何目線 […]

インターネットの希望と、インターネットの絶望

僕はこれまで数年間、インターネットのもたらす希望の側面ばかりを見てきました。世の中はどんどん便利になっています […]

情報リテラシーは「嘘を嘘と見抜く力」だけじゃなく「嘘を嘘と見抜けないことを前提とした情報との付き合い方」もあると思う

以下のような記事がタイムラインに流れてきました。 「安保法案反対デモで孫が死んだ」とのデマがTwitter拡散 […]

そういえば、僕が中学2年生のときに、学校の国語の先生が、1年ごとにアルバムを1枚聴き倒してるといっていました。

アップルミュージック楽しいですよね。 水道をひねるように音楽があふれでてくる。 ちょっと僕には処理しきれない量 […]

【RAqのマガジン vol.1】音楽ストリーミング戦争がはじまった!

ちょっと、新しい形のキュレーションを試してみたいなと思っているので、不定期でマガジン的な記事を書いていきたいと […]

スティーブ・ジョブズは、世界を騙して”小型PC”を爆発的に普及させた。

仕事柄、インターネットについて考えることは超大事なのですが、なかなか時間が取れていない気がするので、頭の中を整 […]

でも最後は社会に戻ってくる。『海辺のカフカ』じゃないですけどね。

たまにはブログっぽくツラツラと書いてみよう。 そんな風に思い立って、いまパソコンに向かっています。 とは言って […]

説明ほど大事なものはない

説明しなくても分かるものこそ素晴らしい。 僕はずっとそういうスタンスを信じてました。 説明しないと分からないの […]

逆にヒップホップ

今日も、あるラッパーはフックをメロディアスに歌うかもしれない。あるいはバースまで。 彼は髪をブラウンに染めてい […]

PAGE TOP ↑