本『なぜ、一流の人はハードワークでも心が疲れないのか?―実践版「レジリエンス・トレーニング」』

resilience

どの世界においても、活躍している人はパワフルでエネルギッシュです。

この本ではレジリエンス(精神的回復力)という視点から、健全な心でハードワークをこなすための方法論が書かれています。

[adsense]

 

さて、パワフルでエネルギッシュな人たちは、体力も勿論ありますが、レジリエンス(精神的回復力)が高いといえます。

ネガティブな感情を引きずらないからこそ、ハードワークをこなしても疲弊しないのです。

 

レジリエンスを高めるためには

このレジリエンスを高めるためには、精神的に落ち込んだときに、以下の3つを実行できることが重要だといいます。

・精神的な落ち込みを底打ちする

・スムーズな立ち直りを図る

・感情にラベリングする

精神的な落ち込みを底打ちする

走ったり、音楽を聴いたり、座禅を組んだり、文章を書いたりして、ネガティブなことから心をディタッチすると良いそうです。

藤田晋氏なんかは文章を書いてるし、たまにカジキマグロ釣ってますよね。

ホリエモンは毎日ランニングしてるそうですね。スティーブ・ジョブズはたしか座禅をしてたかなぁと。

まぁ、そんな感じで、無心で何かするとイイっぽいです。

ネガティブな感情を理解する

あとはネガティブな感情を理解するように務めるといいそうです。

怒りなのか、恐れなのか、疲弊感なのか、罪悪感なのか、不安なのか、悲しみなのか。

それが分かるだけでも、だいぶ精神的回復力が付くし、対策が打てると。

ここら辺はまじめにやると面倒だと思いますが(笑)。

 

ということで

ライフハック的な本を全ページしっかり読んでも仕方ないので、飛ばし飛ばしでざっくりと読んだのですが、実際はケーススタディのようなものもたくさん書かれています。

ネガティブな感情を日を跨いで引きずりがちの人は、何かヒントがあるかもしれません。

座禅良いらしいですね。座禅。

僕の場合は、落ち込んだときは、映画見るか、さっさと寝て早起きするってのが調子良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です