本『なぜ、一流の人はハードワークでも心が疲れないのか?―実践版「レジリエンス・トレーニング」』

公開日: ビジネス,

resilience

どの世界においても、活躍している人はパワフルでエネルギッシュです。

この本ではレジリエンス(精神的回復力)という視点から、健全な心でハードワークをこなすための方法論が書かれています。

スポンサーリンク

 

さて、パワフルでエネルギッシュな人たちは、体力も勿論ありますが、レジリエンス(精神的回復力)が高いといえます。

ネガティブな感情を引きずらないからこそ、ハードワークをこなしても疲弊しないのです。

 

レジリエンスを高めるためには

このレジリエンスを高めるためには、精神的に落ち込んだときに、以下の3つを実行できることが重要だといいます。

・精神的な落ち込みを底打ちする

・スムーズな立ち直りを図る

・感情にラベリングする

精神的な落ち込みを底打ちする

走ったり、音楽を聴いたり、座禅を組んだり、文章を書いたりして、ネガティブなことから心をディタッチすると良いそうです。

藤田晋氏なんかは文章を書いてるし、たまにカジキマグロ釣ってますよね。

ホリエモンは毎日ランニングしてるそうですね。スティーブ・ジョブズはたしか座禅をしてたかなぁと。

まぁ、そんな感じで、無心で何かするとイイっぽいです。

ネガティブな感情を理解する

あとはネガティブな感情を理解するように務めるといいそうです。

怒りなのか、恐れなのか、疲弊感なのか、罪悪感なのか、不安なのか、悲しみなのか。

それが分かるだけでも、だいぶ精神的回復力が付くし、対策が打てると。

ここら辺はまじめにやると面倒だと思いますが(笑)。

 

ということで

ライフハック的な本を全ページしっかり読んでも仕方ないので、飛ばし飛ばしでざっくりと読んだのですが、実際はケーススタディのようなものもたくさん書かれています。

ネガティブな感情を日を跨いで引きずりがちの人は、何かヒントがあるかもしれません。

座禅良いらしいですね。座禅。

僕の場合は、落ち込んだときは、映画見るか、さっさと寝て早起きするってのが調子良いですね。

follow

follow us in feedly

  関連記事

ウェブ好き必読!Googleからウィニーまで解説した『アーキテクチャの生態系』が本気でおもしろい。

「アーキテクチャ」と聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか? 英語が得意な方は「建造物」、あるいは立派なビルや建 […]

リリシストすぎる『スプートニクの恋人』(村上春樹)がオススメ!

村上春樹という作家 村上春樹を読んだ3月 今年の3月は『ノルウェイの森』をたまたま手にとったのがきっかけとなり […]

「18歳という統計的なファン層をターゲットにしない」。Jay Zが音楽業界で成功し続けてきた理由とは。

・この対談の動画もぜひご覧ください!(動画はこちら) part1:「彼女は言葉への愛をくれたんだ」。JAY Z […]

ドワンゴ会長がジブリに見習いで入社!?『コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと 』がおもしろい。

  筆者の川上量生氏はニコニコ動画を作った人物 この本を書いた川上量生氏は、KADOKAWA・DWA […]

『〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則』(ケヴィン・ケリー)

US版WIRED創刊編集長のケヴィン・ケリー氏の本です。 <インターネットの次に来るもの>というタイトルですが […]

ミニマリズム的な生活を始める方法

何となくミニマムな生活に魅力を感じてはいるけど、部屋は散らかっている的な人は意外と多いんじゃないかと思うんです […]

ジェイZや孫正義も使っていた!敢えて活動範囲を絞る、ランチェスター戦略がおもしろい!

  敢えて狭い地域から始める 以前、ジェイZについての記事を書きました。 その中で、ジェイZがどうや […]

ここ数年で読んで面白かった本のまとめ

たまに「読んでる本を教えて~」といわれるので、読んでる途中の本もありますが、ここ数年でおもしろかった本で、たぶ […]

『MEDIA MAKERS』(田端信太郎)が本気の良書だった。

イケダハヤトさんがメディア業界を志す人は必読の本として薦めていたのがきっかけで、田端信太郎さんの『MEDIA […]

空間は雑誌に、世界はメディアになり、編集者は最もイケてる職業の一つになる。僕らがTSUTAYAから学べること。

ここ数日、TSUTAYA等を運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)の創業社長、増田宗昭さんが書か […]

PAGE TOP ↑