本『なぜ、一流の人はハードワークでも心が疲れないのか?―実践版「レジリエンス・トレーニング」』

公開日: ビジネス,

resilience

どの世界においても、活躍している人はパワフルでエネルギッシュです。

この本ではレジリエンス(精神的回復力)という視点から、健全な心でハードワークをこなすための方法論が書かれています。

スポンサーリンク

 

さて、パワフルでエネルギッシュな人たちは、体力も勿論ありますが、レジリエンス(精神的回復力)が高いといえます。

ネガティブな感情を引きずらないからこそ、ハードワークをこなしても疲弊しないのです。

 

レジリエンスを高めるためには

このレジリエンスを高めるためには、精神的に落ち込んだときに、以下の3つを実行できることが重要だといいます。

・精神的な落ち込みを底打ちする

・スムーズな立ち直りを図る

・感情にラベリングする

精神的な落ち込みを底打ちする

走ったり、音楽を聴いたり、座禅を組んだり、文章を書いたりして、ネガティブなことから心をディタッチすると良いそうです。

藤田晋氏なんかは文章を書いてるし、たまにカジキマグロ釣ってますよね。

ホリエモンは毎日ランニングしてるそうですね。スティーブ・ジョブズはたしか座禅をしてたかなぁと。

まぁ、そんな感じで、無心で何かするとイイっぽいです。

ネガティブな感情を理解する

あとはネガティブな感情を理解するように務めるといいそうです。

怒りなのか、恐れなのか、疲弊感なのか、罪悪感なのか、不安なのか、悲しみなのか。

それが分かるだけでも、だいぶ精神的回復力が付くし、対策が打てると。

ここら辺はまじめにやると面倒だと思いますが(笑)。

 

ということで

ライフハック的な本を全ページしっかり読んでも仕方ないので、飛ばし飛ばしでざっくりと読んだのですが、実際はケーススタディのようなものもたくさん書かれています。

ネガティブな感情を日を跨いで引きずりがちの人は、何かヒントがあるかもしれません。

座禅良いらしいですね。座禅。

僕の場合は、落ち込んだときは、映画見るか、さっさと寝て早起きするってのが調子良いですね。

follow

follow us in feedly

  関連記事

キャッチコピー関連の本なら『ここらで広告コピーの本当の話をします。』がずば抜けて良い!

キャッチコピー関連の本って定期的にヒット作が出るので、その度に読んだりするのですが、これまでに読んだ中でだんと […]

朝井リョウ『何者』を読んだら、瑞月さんがクリエイターの卵殺しすぎた!

  瑞月さんがクリエイターの卵殺しすぎる 桐嶋が部活を止めたことで(?)、一躍有名になった朝井リョウ […]

180度違う!ウェブ時代の文章の書き方を解説した『武器としての書く技術』を読みました。

読んでくれること、受け取ってくれることを前提としてコミュニケーションを取る時代が終わっています。 テレビのCM […]

『MEDIA MAKERS』(田端信太郎)が本気の良書だった。

イケダハヤトさんがメディア業界を志す人は必読の本として薦めていたのがきっかけで、田端信太郎さんの『MEDIA […]

「音楽なら2億円で製作して、庶民的な価格で販売できる。服は現状、そうはいかない」。カニエ・ウェストが語る、服業界の抱える問題。

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与え […]

課金ポイントを考えると新しいビジネスが出来るらしい

『課金ポイントを変える – 利益モデルの方程式』という本がAmazonでオススメされたので何となく […]

「動かない奴らは何がその後に起こりうるかという妄想の奴隷になっている」。カニエ・ウェストの語る、理想の現実を追い続ける姿勢。

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与え […]

「ツイッターは人間の勝利」。人間の良い行いをする力を信じ続けた創業者、ビズ・ストーンが本当に魅力的。

Twitterの創業者の一人にビズ・ストーンという人がいます。 ビズ・ストーンは、スティーブ・ジョブズやマーク […]

ウェブ好き必読!Googleからウィニーまで解説した『アーキテクチャの生態系』が本気でおもしろい。

「アーキテクチャ」と聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか? 英語が得意な方は「建造物」、あるいは立派なビルや建 […]

本『広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい』。主導権が消費者に移るとき、時代は演説から会話へ。

時代の変遷を理解する 消費させるから、消費されるへ。パワーバランスがひっくり返るとき。 従来、消費者には力があ […]

PAGE TOP ↑