ビッグ・ショーンの新しいアルバムは、「今までで一番ダーク」

公開日: インタビュー

bigsean

この記事はHIPHOP DXに掲載されている記事を和訳したものです。

 

ビッグ・ショーン云く「カニエ・ウェストの新しいスニーカー『Yeezi 3』は、前作より断然いいし、より改良されている。まるでカニエのする全てのことと同じように。」

ファッション系ウェブサイト、High Snobietyのインタビューで、ビッグ・ショーンがカニエ・ウェストの新作スニーカーYeezi 3と、ショーンの新しいアルバムについて、詳しく語っている。

Yeezi 3の流出画像について聞かれると、ビッグ・ショーンはまだそれを見たことがないと答えたが、間髪入れず「前作より断然いいよ」と語った。

「実はまだその画像は見たことがないけど、実物は見た。前作より断然いいし、より改良されているとしか言いようがない。まるでカニエがする全てのことと同じように。」

インタビューの中で、ショーンは彼自身の adidasとのコラボ、また、同社のグローバルアンバサダーの立場について語った。

「adidasとはいくつかコラボしたけど、すごく楽しかった。いつもadidasのメトロアティチュードを履いていて、お気に入りだって伝えたんだ。彼らが僕のスニーカーを作るのに、アイデアが浮かぶように。まず彼らがいくつかアイデアを思いついて、それからもちろん一緒に新しいアイデアを加え、本当にコラボレーションの努力をした。addidasとコラボするのも、スニーカーを作るのも生まれて初めてだった。発売したらすぐに売り切れたから、adidasとはまた仕事するだろう。」

E-40をフィーチャーし前週のビルボードのHip Hop/R&B カテゴリーでNo.1になった最新シングル『I Don’t Fuck With You』については、西海岸のベテランラッパーへの敬愛について詳細に語った。

「E-40は伝説だよ。昔からのお気に入りのラッパーの1人だ。7〜8才くらいの時、兄がE-40の音楽を聞かせてくれて、E-40、トゥパック、スヌープ(ドッグ)、(ノトーリアス)B.I.C.を聞いてた。すばらしかったよ!E-40 には感謝してもしきれない。彼の音はいつも進化してるんだ。」

3枚目のアルバムについては、「今までで一番ダーク」と語る。

「まだ発売日は決めてない、確実なものを作ろうとしてるんだ。ほぼ準備はできてる。準備が整い次第、聞かせるよ。もうすぐ発表する。今までよりずっとダークで、今までで一番大変だった。きっと気に入ると思う。ミックステープよりずっと音がよくて、より強烈でレベルの高いラップだ。誰が何と言おうと続けて行くよ。」

  関連記事

今のラッパーたちは「かわいい子どもたち」。日本語ラップの土台を築いてきたK DUB SHINEが裾野の広がるシーンを見て思うこと。

この記事は以下の動画を書き起こしたものです。 ・元動画はこちら   RGTOが大人気 SALU:お送 […]

「”世代の声”としての立場に責任を持たなければいけない」。ケンドリック・ラマーのインタビュー和訳(PART2)。

Translated by Peter Gardiner part1:当初はアルバム名が『To Pimp A […]

「周りのやつらは俺より俺を知ってるように振舞うんだ」。Joey Badass、アルバム発売前のインタビュー(フル)。

この記事はこちらの動画の和訳です。   P=Peter Rozenberg, J=Joey Bada […]

「音楽なら2億円で製作して、庶民的な価格で販売できる。服は現状、そうはいかない」。カニエ・ウェストが語る、服業界の抱える問題。

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与え […]

「向こうの人が”I Rhyme”と言うのを聴いて、韻を踏む競争心が芽生えた」。K DUB SHINE氏が語る、日本語ラップでの韻踏みの黎明期。

この記事は以下の動画を書き起こしたものです。 ・元動画はこちら Part1『今のラッパーたちは「かわいい子ども […]

【インタビュー】「あの歌を作った時、自分を納得させようとしてた」。A$AP Rockyがリタ・オラをディスった理由等。

  この記事はこちらのインタビュー動画を和訳したものです。   A$AP Rockyのシェ […]

【和訳+解説】 Kendrick Lamar – For Free?

ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)の『To Pimp a Butterfly』から&#822 […]

「お前も一緒に働いて、こいつらを使った方が良いぜ」。Big SeanにとってのRoc Nation加入が意味すること。

「君たちが好きか嫌いかに関わらず、もうこの文化の一部になってしまってるのさ」、Big Seanは彼のいくつかの […]

ナズがチーフキーフを擁護。「ストリートでは自分がゼロだって感じたら、何にだって手を染めてしまう。」

  ナズは言う。「自分には何も無いと感じるとき、とても小さなことが人生に目的を与えてくれることがある […]

「18歳という統計的なファン層をターゲットにしない」。Jay Zが音楽業界で成功し続けてきた理由とは。

・この対談の動画もぜひご覧ください!(動画はこちら) part1:「彼女は言葉への愛をくれたんだ」。JAY Z […]

PAGE TOP ↑