その歳でしか書けない歌詞

公開日: 曲にする程じゃないこと

家の近くに4回くらい行ったバーがあります。

「家の近くに行き着けのバーがあったらやばくね(笑)」なんて全然やばくも何ともない思いつきで、友達と発掘して行ったのが1回目。

そのまま何故か友達がバーテンダーとしてそこでバイトしはじめたので、他の友達と「おい、おすすめのウイスキーを教えろ!」なんて茶化しに行ったのが2回目。

あと2回ほど。まぁ行き着けにはならなかったわけですけど。

 

去年の2月頃に2回目に行ったときに、左横に常連のおじさんが座ってたんですね。

おじさんと言っても、ただのおじさんではなくて、広告屋を立ち上げて社長をやってるというおじさん。

とはいえ、男っておじさんになると、何をやってるかなんて関係なく若者からは「おじさん」と括られてしまうのだから、何だか寂しいものです。

 

そのおじさんは若い頃に音楽をしていたそうで(大抵のおじさんは若い頃に音楽をやっているのだろうけれど)、友達が「こいつラッパーなんですよ」なんて言うものだから、音楽の話になったんですね。

美味しいビールを飲んでいたせいで、何の話をしたかは気持ちよく忘れてしまったのですが、一つだけ記憶に残ってる言葉があります。

 

「その歳でしか書けない歌詞ってあるから、その時書こうと思ったものを、しっかり書いて残していった方がいいよ。」

 

思いついた歌詞を書いて残すか迷うときってあると思うんですね。

でも、おじさんの言うとおり、書き残していいのかなあと。

 

おじさんの説教ってなんだそれってときと、何となくそうなのかなってときがあるじゃないですか。

これに関しては多分後者なんだろうなあと感じた気がします。

 

そんなわけで、『TwiRAq』とか聴くと青臭いなーと思うわけですが、青臭いなーと一興できるのもまた書き残しておいたおかげ。

これからもいろいろ書き残していこうと思います。

『アウフヘーベン』 を試聴する

iTunesで試聴する

  関連記事

良い憂鬱と悪い憂鬱

良い憂鬱は、失敗のプレッシャーを前にした憂鬱です。 全社へのプレゼンを控えて過ごす週末、大きな会場でのライブ前 […]

でも最後は社会に戻ってくる。『海辺のカフカ』じゃないですけどね。

たまにはブログっぽくツラツラと書いてみよう。 そんな風に思い立って、いまパソコンに向かっています。 とは言って […]

逆にヒップホップ

今日も、あるラッパーはフックをメロディアスに歌うかもしれない。あるいはバースまで。 彼は髪をブラウンに染めてい […]

ナメられたら終わるアイスホッケー選手たち

昨日はアイスホッケーを見に行きました。 八戸のFree Bladesっていうチームがあるんですね。それで、みん […]

【RAqのマガジン vol.1】音楽ストリーミング戦争がはじまった!

ちょっと、新しい形のキュレーションを試してみたいなと思っているので、不定期でマガジン的な記事を書いていきたいと […]

そういえば、僕が中学2年生のときに、学校の国語の先生が、1年ごとにアルバムを1枚聴き倒してるといっていました。

アップルミュージック楽しいですよね。 水道をひねるように音楽があふれでてくる。 ちょっと僕には処理しきれない量 […]

「音楽だけで食う」の違和感。「ラッパーとして回収される」が100倍しっくりきたよ。

「音楽だけで食っていきたいですか?」 こんな風にインタビューで訊かれたことってあると思うんですよね。(あるいは […]

説明ほど大事なものはない

説明しなくても分かるものこそ素晴らしい。 僕はずっとそういうスタンスを信じてました。 説明しないと分からないの […]

「正しいやり方を覚えておかないと、いずれ行き詰るよ」的な話は、行き詰ってから考えれば良いと思う

「最初に正しいやり方を覚えた方がいいよ」みたいなのあるじゃないですか。 「そのままだと行き詰るから」みたいな。 […]

インターネットの希望と、インターネットの絶望

僕はこれまで数年間、インターネットのもたらす希望の側面ばかりを見てきました。世の中はどんどん便利になっています […]

PAGE TOP ↑