その歳でしか書けない歌詞

家の近くに4回くらい行ったバーがあります。

「家の近くに行き着けのバーがあったらやばくね(笑)」なんて全然やばくも何ともない思いつきで、友達と発掘して行ったのが1回目。

そのまま何故か友達がバーテンダーとしてそこでバイトしはじめたので、他の友達と「おい、おすすめのウイスキーを教えろ!」なんて茶化しに行ったのが2回目。

あと2回ほど。まぁ行き着けにはならなかったわけですけど。

 

去年の2月頃に2回目に行ったときに、左横に常連のおじさんが座ってたんですね。

おじさんと言っても、ただのおじさんではなくて、広告屋を立ち上げて社長をやってるというおじさん。

とはいえ、男っておじさんになると、何をやってるかなんて関係なく若者からは「おじさん」と括られてしまうのだから、何だか寂しいものです。

 

そのおじさんは若い頃に音楽をしていたそうで(大抵のおじさんは若い頃に音楽をやっているのだろうけれど)、友達が「こいつラッパーなんですよ」なんて言うものだから、音楽の話になったんですね。

美味しいビールを飲んでいたせいで、何の話をしたかは気持ちよく忘れてしまったのですが、一つだけ記憶に残ってる言葉があります。

 

「その歳でしか書けない歌詞ってあるから、その時書こうと思ったものを、しっかり書いて残していった方がいいよ。」

 

思いついた歌詞を書いて残すか迷うときってあると思うんですね。

でも、おじさんの言うとおり、書き残していいのかなあと。

 

おじさんの説教ってなんだそれってときと、何となくそうなのかなってときがあるじゃないですか。

これに関しては多分後者なんだろうなあと感じた気がします。

 

そんなわけで、『TwiRAq』とか聴くと青臭いなーと思うわけですが、青臭いなーと一興できるのもまた書き残しておいたおかげ。

これからもいろいろ書き残していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です