【和訳】Hozier – Take Me to Church

hozier

Hozier(ホージア)はアイルランド出身の歌手。

Take Me To Churchは、そのまま「協会に連れて行って」という意味です。

恋人を神に擬えて、救われたい気持ちを歌っています。

 

動画

動画はこちら。

[adsense]

 

Take Me To Chuchの和訳

1バース目

My lover’s got humour

She’s the giggle at a funeral

Knows everybody’s disapproval

I should’ve worshipped her sooner

僕の恋人はユーモアがあるんだ

葬式でもクスクス

みんなの反感を買うのを知ってるのに

もっと速く君を崇拝してればよかった

 

If the heavens ever did speak

She’s the last true mouthpiece

Every Sunday’s getting more bleak

A fresh poison each week

神様がしゃべれたら

彼女が最後の真実の代弁者になる

日曜日が来るたびに、どんどん暗くなる

毎週、新鮮な毒にやられるんだ

 

‘We were born sick, ‘ you heard them say it

“病気をもって生まれてきたんだ”誰かが言うのを聞いたことがある

 

My Church offers no absolutes

She tells me, ‘Worship in the bedroom.’

The only heaven I’ll be sent to

Is when I’m alone with you—

僕の教会は絶対的なことは言ってくれない

彼女は“寝室で祈りなさい”と言った

唯一の僕の天国は

君と二人きりでいる時さ

 

I was born sick,

But I love it

Command me to be well

Amen. Amen. Amen. Amen.

病気をもって生まれてきても

それが好きなんだ

大丈夫なように操ってよ

アーメン、アーメン、アーメン

 

サビ

Take me to church

I’ll worship like a dog at the shrine of your lies

I’ll tell you my sins and you can sharpen your knife

Offer me that deathless death

Good God, let me give you my life

僕を君の教会に連れてってよ

嘘でできてる祭壇の前で犬みたいに祈るんだ

罪を教えるから、ナイフを研いで

不朽の死を与えればいいさ

君は善良な神、僕の人生をあげるよ

 

2バース目

If I’m a pagan of the good times

My lover’s the sunlight

To keep the Goddess on my side

She demands a sacrifice

もし、良い時代の異教徒だったら

恋人は太陽の光

女神を味方につけるため

犠牲が必要なんだ

 

Drain the whole sea

Get something shiny

Something meaty for the main course

That’s a fine looking high horse

What you got in the stable?

We’ve a lot of starving faithful

海をすべて空にして

光るものをつかみ取る

メインコースには肉付きがいいものを

それはよさそうな馬だな

馬小屋には何がある?

裏切らない腹を空かせた信者だ

 

That looks tasty

That looks plenty

This is hungry work

おいしそうだ

たくさんありそうだ

腹がすいているせいだ

 

サビ

Take me to church

I’ll worship like a dog at the shrine of your lies

I’ll tell you my sins so you can sharpen your knife

Offer me my deathless death

Good God, let me give you my life

僕を君の教会に連れてってよ

嘘でできてる祭壇の前で犬みたいに祈るんだ

罪を教えるから、ナイフを研いで

不朽の死を与えればいいさ

君は善良な神、僕の人生をあげるよ

 

3バース目

No Masters or Kings

When the Ritual begins

There is no sweeter innocence than our gentle sin

雇い主も王もいない

この儀式が始まると

人の穏やかな罪ほど優しい純粋なものはない

 

In the madness and soil of that sad earthly scene

Only then I am Human

Only then I am Clean

Amen. Amen. Amen. Amen.

狂気と悲しい地球の土の上で

自分だけが人間だ

自分だけが汚れていないんだ

アーメン、アーメン、アーメン、アーメン

 

サビ

Take me to church

I’ll worship like a dog at the shrine of your lies

I’ll tell you my sins and you can sharpen your knife

Offer me that deathless death

Good God, let me give you my life

僕を君の教会に連れてってよ

嘘でできてる祭壇の前で犬みたいに祈るんだ

罪を教えるから、ナイフを研いで

不朽の死を与えればいいさ

君は善良な神、僕の人生をあげるよ

 

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です