「リスクを嫌う会社員も、借金をしてまで不動産を買う」。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ』を読んだ。

公開日: お金と社会

myhome

『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ』という本があります。

別に読んだところでお金持ちになれるわけでもないですし、お金に関する本なので人によって好き嫌いがあるかなと思うのですが、なるほどなぁと思った部分があったので紹介します。

 

一般的な日本人の持つ資産の中では、現金も株式もたかがしれている

資産の大部分は不動産

日本人はローンを組んで家を買うので、日本人の持つ資産の多くは不動産なんですね。

株で儲かった、損したといっても、全資産でいえば、それはあくまでも一部でしかないというわけです。

日本人の人生設計を考えるには、株式よりも不動産と生命保険に着目しなくてはなりません。ところが、資産運用を説く本はといえば、ポートフォリオの大半を占める不動産投資や、継続的に大きな支出を続けている生命保険は無視し、わずかな金融資産のなかだけで分散投資を勧めるものが大半です。分散投資が理論的にいくら優れているといっても、これではなんの意味もありません。資産運用の成否は不動産相場に直結しており、わずかな金融資産で何をしようが同じことだからです

しかも、ローンを組んでるってことは借金で不動産投資をしてるようなものだと。

そう考えると、日本人の家庭の貸借対照表は負債の部がローン、資産の部が不動産といえそうです。

となると、安定を求める会社員でも、結構攻めた資産運用をしていることが分かります。借部屋で暮らしながら、世界の株式や債券に投資してるほうが分散投資効果は高そうですよね。

とは言いながらも、不動産価格が上がり続けてきたので、それで正しかったわけですが。

お金は1回学んでしまえばいいと思う

好き嫌いあると思うんですが、お金というものは、ある程度きちんと書いてある本を読んで、1回学んでしまえばいいのかなぁと思うんですね。

借金とか、レバレッジとか、福利とか、キャッシュフローとか、金利とか為替とか、インフレとかデフレとか。

日銀がお金刷りまくってて、アメリカが利上げを検討してて、円安が進んでる中で、ドルを持たずに全部円で貯金してたから資産が目減りしたみたいなのって、結局知らない人が損しちゃうわけですよね。

僕も経済とかちゃんと勉強したわけじゃないので、全然えらそうな話はできないのですが、下の本とか読みやすかったです。

『アウフヘーベン』 を試聴する

iTunesで試聴する

  関連記事

【まとめ】「返済するための資金はない」と開き直るギリシャの債務危機とは一体何なのか

今年に入って、ギリシャがデフォルトするするとだらだら続いていますが、いよいよお金がなくなったというところで、も […]

【まとめ】今回の都知事選で、僕が目にしたウェブ周りでの動き

  (1) 舛添要一を都知事にしたくない女たちの会 舛添要一氏は最有力候補 かつて離党した自民党に加 […]

【まとめ】内乱状態直前のウクライナ情勢を解説

ウクライナ情勢について、だいたい把握出来たので、まとめました。   内乱直前のウクライナ情勢の背景 […]

『アンネの日記』破損事件は何なのか

奇妙な事件だったわりに、いまいち良く分かっていないので、とりあえず情報集めてまとめていこうかなと思います。 & […]

「固定資産税を上げればいい」。ひろゆきが語る、格差社会をなくす方法。

元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏が格差社会と土地の関係性について語った音声を書き起こしました。 *元動画はこち […]

マディソン・スクエアを蘇らせた伝説のハンバーガー屋、シェイク・シャックをまとめてみた

近頃、アメリカは新鮮な食事ブームです。 つまり、工場で作られた冷凍食品などを安く効率よく食べさせる&#8221 […]

株の銘柄についてJim Cramerが即答していくコーナー、”Lightning Round”が熱すぎる!

視聴者と電話を繋げて、超敏腕ファンドマネージャーだったJim Cramerがその銘柄の株が買い(ブル・牛)か売 […]

数秒で送金完了しちゃう!便利すぎるLINE PAYの使い方。

世の中のありとあらゆる支払いが、全部スマホで出来れば超便利といい続けて半年、ついにLINEアカウントで簡単にお […]

【まとめ】自民党が進める安保法改正案のための憲法解釈を解説

自民党が進めており、長谷部教授など自民党側が参考人として招いた憲法学者までもが国会で違憲だと述べたということで […]

【まとめ】ガザ地区で何が起こっているの?パレスチナ問題を調べてみた。

7/13に始まったイスラエルのガザ地区への侵攻が激しさを増しています。 前回イスラエル軍地上部隊が侵攻してきた […]

PAGE TOP ↑