ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

sponcered by







どうも、RAq(@raq_reezy)です。

ラップや執筆をしています。

これ読んでくれているのは、何かの縁かなと思うので、もし良ければフォローしてくださいね。

 

さて、今日は洋楽のヒップホップの面白さについて書きたいと思います。

洋楽のヒップホップは、英語ならではのフローやリズムもカッコいいし、勿論ファッションもカッコいい。

だけど、僕自身は、何よりも歌詞のおもしろさにヤラレタくちです。

 

アメリカってローコンテキストな国だというイメージがあるんですが、ヒップホップの歌詞ってやたらとハイコンテキストなんですよね(笑)。

 

たとえば、以下はエミネムがビヨンセを客演に招いた「Walk on Water」って曲のサビです。

 

I walk on water

But I ain’t no Jesus

I walk on water

But only when it freezes

 

【意訳】

俺は水の上を歩く。だけど、俺はイエス・キリストじゃないんだ。

俺は水の上を歩く。だけど、水が凍ってるときだけなんだ。

Eminem – “Walk on Water” feat. Beyonce

 

これって、イエス・キリストがペトロの前で湖の上を歩いてみせたっていう「マタイによる福音書14章22節~33節」の逸話を元に表現されてるんですね。

それを知っていれば、この短い4小節には、以下のような意味が込められていると分かるわけです。

みんなはエミネムやビヨンセのような一流のスターを見て、まるでイエス・キリストのように不可能なことを実現する特別な人物だと想像する。

だけど、彼らはステージの上などの特別な状況(水が凍っているとき)では、凄いパフォーマンスを見せたりもする(湖の上を歩く)けど、神なんかでは決してなくて、みんなと同じ普通の人間なんだよ。

 

たった4小節に、これだけの意味が!

いかがでしょう!

洋楽のヒップホップの歌詞、めちゃくちゃ面白くないですか!?笑

 

僕はこの感じにやられてしまったんですね。

そして、そうした面白さを伝えたいと思い、気付けば『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』というものを始めていました(笑)。

 

内容は、メインのコンテンツは、歌詞の内容をしっかりと解読していくというものです。

https://twitter.com/hiphopnote/status/993819847271235584

https://twitter.com/kingkottakromac/status/995105724643487744

手前味噌ですが、こちらの記事、なかなか面白いんです!笑

 

それから、歌詞の解読以外の記事も、ハイコンテキストを楽しめそうなものであれば、投稿しています。

たとえば、発言の一部が切り取られて報じられ、話題になったカニエ・ウェストのインタビューをフルで訳した。

すごく多くの人に読んでもらえて、多くの方が「ゴシップニュースのタイトルだけ読んで反応」ではなくて「インタビューの全文を読んだ上で」、様々な賛否両論をツイートしてくださっていました。

 

こんな感じで、ちょっと深いヒップホップの世界を味わえる内容となっております!

 

興味を持ってくださった皆さまや、普段から「洋楽のヒップホップの歌詞やカルチャーを楽しみたいので、もっと詳しい解説があればなあ」なんて思っていらっしゃった方々は、ぜひ、この機会に『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』を購読してみてください。

 

「note」というサービスで定額課金マガジンのような形式でやっていて、基本的に月額880円で3〜5本を更新しています。

バラバラに買いたい場合は、1記事あたり380円でも販売しています。

 

月880円と、定食1回分程度のお手軽な価格となっておりますが、それでもちょっと悩むなぁ・・・という方もいらっしゃると思います。

 

そこで、まずは2記事を試し読みしていただけるように準備しております(商売魂)!!笑

【無料試し読み】洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

 

ということで、まずは無料試し読みの記事を、ぜひ読んでみてくださいね〜笑。

 

 

ご購読はこちら→『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

sponcered by







▼洋楽ラップの解読なら▼