おすすめ!個人的なSoulja Boyの曲ベスト8。


ラッパーの紹介 / 金曜日, 10月 18th, 2013

souljaboy2

最近はめっきり微妙になって、僕もあんまりヤバいヤバいって言わなくなったSoulja Boyですが、一時期はスワッグといえばソルジャボーイ、ソルジャボーイといえばスワッグだと思いこんでいて、凄く好きなラッパーだったので、好きな曲を紹介します。

[adsense]

 

8位 Smoke Weed and Buy Shoes

「大麻を吸って、靴を買いたい」という曲ですね。

Soulja Boyのヘタウマなメロディが、ビートと凄く気持ちよく馴染んでます。

この曲のビート、結構イケイケなのにふわふわしてて面白いですよね。面白いビートに乗ったときのSoulja Boyはいつでも映えてる印象があります。

Soulja BoyがGucciの靴のコレクションを見せびらかしてる動画もYoutubeにあって、超スワッグです。

 

7位 Speaker’s Going Hammer

この曲もビート凄く面白いんですよねー。内容はほとんど無いんですが。

映像面は、色合いとか含めて、Soulja BoyのPVで一番好きです。

We gettin money over here, hands in the air

Y’all making it too eazy, it’s not fair

のとこのタメ具合とか凄く気に入ってます。

 

ちなみに、この曲は僕もビートジャックしてます!ぜひ聴いてみてください。

スピーカーからデマ

 

6位 Real Money (Cali Life)

僕はSoulja BoyにハマったのがCrank Thatの頃じゃなくて、もっと遅かったんですが、この曲は僕がSoulja Boyにハマってた頃にYoutubeにアップされててカッコいいなーと思って聴きまくってたやつです。

僕はSoulja Boyは意外とスキルフルだと思ってるんですが、この曲のSoulja Boyは特にスキルフルな気がしますね。

どこで手に入るのか分からないんですが、多分お蔵入りになったアルバム『Promise』に収録予定だったのじゃないかと。

凄い豪華な客演メンツが公開されてたんですが、遅延に遅延を重ね、Interscopeとの契約も切れたみたいですし、もう出ることは無さそうですね。

 

5位 iDance

ダンス曲を作りまくってた頃のSoulja Boyですね。yuahhのとこの動きが癖になります。

Soulja Boyのダンスって、奇妙な動きがたくさん入ってて、ダンスしてる初期のYoutube動画とかのコメント欄を見てると、「こんなムーブは見た事ねえ!すげーぜ!」みたいなコメントが結構あって、ダンス込みで伸し上がってきたラッパーだということが良く分かります。

中でもこの曲はCrank Thatの次くらいに踊ったら楽しそうな曲だなと思います。踊れませんが。小学校の体育の授業とかでSoulja Boyのダンスを教えてほしかったですね。

 

4位 Kiss me thru the phone

これは多分みんな知ってる曲ですよね。

これもイントロ含めてビートが凄く面白いです。2ndは実は買ってないんですが、PVも含めてリア充感が漂ってて楽しそうです。

あんまり声張ってないんですが、被せたくさん入れてて面白い感じのラップになってます。カラオケに入れて欲しいですね。

sammieも凄く良い声していますね。

 

3位 Hey Cutie

僕はSoulja Boyのアルバムであれば、ダントツで3rdの『DeAndre Way』が好きなんですが、その中でも特に気に入った曲がこれでした。というか、これに凄くハマってYoutubeで再生しまくってたんですが、もうiPodに欲しいなということで、3rdをまるまる買いました。

すごいボソボソとリラックスした声でメロディアスなラップをしていて、独特な気持ちよさがあります。こういう冒険的なフロウをしているSoulja Boyは大抵アタリです。

 

2位 Turn My Swag On

これもビートが面白くて最強です。フックも良い感じにヘナヘナしていて最高ですね。

僕がラップ始めた頃に凄く良く聴いてた曲で、最初こんな感じのフロウを目指していたのですが、音質も最悪、ただヘタな歌を歌っているだけという変な感じになってました笑。懐かしいです。

この曲をアラームに仕掛けたら寝不足の朝でも気持ちよく起きられる気がします。

ずっとビートジャックしたいと思いながら、ずるずると。。

 

1位 Crank That

これはもう文句のつけようがないですね。最強です。

いつ聴いてもテンションあがりますね。

 

アルバムなら『DeAndre Way』

Deandre Way

 

個人的にはSoulja Boyのアルバムだと『DeAndre Way』の一択ですね。

上で紹介したSpeaker’s Going Hammer, Hey Cutieに加えて、Pretty Boy Swag, Blowing Me Kisses等の人気曲が収録されています。

 

トラックリストはこんな感じです。

 

なかなか個性派な曲揃いのアルバムじゃないですか?