M&A用語:不良在庫とは

M&A用語集

sponcered by







不良在庫とは

不良在庫とは、売れる見込みのない在庫(資産)で、経済的価値が損なわれているものを指します。

例えば、もう市場で売れなくなった古い商品や、商品の状態が劣化していて売れる見込みのないものなどが考えられます。

不良在庫が減損処理などをされることなく資産に計上されている場合は、バリュエーション時に差し引く必要があります。そのためには、財務DDなどのデューデリジェンスを通じて、不良在庫がないかどうか、不良債権や簿外債務の確認とあわせてチェックすることが重要です。

特に、ネットアセットアプローチでは、資産の経済的価値の有無がバリュエーションの変動にも直結します。

written by @raq_reezy

関連記事

M&A案件の手順やプロセスの流れをステップ別にわかりやすく解説

M&A案件実務の手順やプロセスの流れをステップ別に解説

2022年2月7日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

 

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!