M&A用語:再調達時価純資産法とは

M&A用語集

sponcered by







再調達時価純資産法とは

再調達時価純資産法とは、対象会社の保有している資産(土地や工場、商品在庫など)をゼロから調達してくるとしたら、いくらかかるかをベースにバリュエーションを行う方法です。ネットアセットアプローチの一種です。

インカムアプローチマーケットアプローチは、ゴーイングコンサーン(対象会社の事業が継続していくこと)を前提としているため、事業の継続性に疑義が生じている企業のバリュエーションに用いるのは困難です。

一方で、再調達時価純資産法などのネットアセットアプローチであれば、現時点で対象企業が保有してる資産や負債のみをベースにバリュエーションを行うため、その企業の将来性に疑義があってもバリュエーションを行うことができます。

written by @raq_reezy

関連記事

M&A案件の手順やプロセスの流れをステップ別にわかりやすく解説

M&A案件実務の手順やプロセスの流れをステップ別に解説

2022年2月7日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

 

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!