M&A用語:新設分割とは

M&A用語集

sponcered by







新設分割とは

新設分割とは、ストラクチャーの一種である会社分割において、承継会社が新設会社である場合を指します。逆に、承継会社が既存の会社である場合は吸収分割といいます。

吸収分割と比べた場合、分割会社から切り出された事業を新しくゼロから始める会社に移すので、既存の会社に統合する吸収分割と比べて、現場レベルで混乱が生じにくいというメリットがあります。

また、新設分割の対価として、新設会社の株式を分割会社に100%割り当てれば(分社型分割)、新設会社は分割会社の子会社となるので、持株会社体制をつくる場合などにも用いられます。一部の事業を新設分割によって子会社化した後で、株式譲渡によって子会社を清算するなどの使い方もできます。

written by @raq_reezy

関連記事

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

2022年1月31日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

 

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!