DTM・宅録用語:アドリブとは

DTM・宅録用語集

sponcered by







アドリブとは

アドリブとは、ボーカル本線被せ(コーラス)とは別に録音されるアカペラのことで、「Hey!」や「Yeah!」、「Skrrr!」などの曲を盛り上げるためのものを指します。

特に、ラップのボーカルなどではアドリブが多用されており、曲の迫力を高めるために重要となっています。

ミックス時には、音量は小さめにして、パンを左右に振るのが一般的です。

written by @raq_reezy

関連記事

宅録・歌ってみたの始め方

【入門】宅録暦11年が解説!宅録のやり方・始め方・必要機材

2021年4月8日
ヒップホップ・ミュージックのラップとは

ヒップホップの歌唱表現「ラップ」とは。韻やフロウも解説。

2021年4月8日

関連用語

DTM・宅録用語集に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です