ゲームのおすすめ代表曲・アルバム・歌詞・和訳など

ヒップホップのラッパー紹介

sponcered by







ヒップホップ・アーティスト一覧

ヒップホップ・アーティストの一覧

2021年4月27日

ゲーム(The Game)

ゲーム(Game、The Game、本名: Jayceon Terrell Taylor、1979年11月29日 – )は、カリフォルニアコンプトン出身のラッパーです。過去にはカラーギャングブラッズにも所属していたギャングスタラッパーでもあります。

コンプトン高校を卒業した後、ワシントン州立大学にバスケットボールの奨学金で入学しましたが、ドラッグ・ディーラーとして稼ぐことを目論むようになります。しかし、ドラッグの取引に失敗。2001年には、拳銃で5ヶ所撃たれ、3日間も昏睡状態となりました。

続いて、ラッパーを本格的に目指すようになります。やがて、ドクター・ドレーレーベルであるアフターマスとの契約を勝ち取ります。当時、売れっ子で同じくドクター・ドレーと契約していた50セントとも意気投合。ドクター・ドレーと50セントによってプロデュースされたデビューアルバム『The Documentary』は全米1位を獲得するヒット作となりました。その後も、コンスタントに豪華なゲスト陣を客演に招いたアルバムをリリースし続けています。

ベテランでありながら、若手とも積極的にコラボするアーティストであり、ケンドリック・ラマータイラー・ザ・クリエイターなど、2010年前後に登場したラッパーたちを早い段階から客演に呼んでいました。

ビーフをよく行うことでも知られており、上述の50セントとも、一時期は50セントの立ち上げたクルーであるGユニットに所属するほどの仲でしたが、やがて仲違いからビーフに発展。結果、ゲームがアフターマスを離脱しています。(なお、ドクター・ドレーとは良い関係が続いています)

written by @raq_reezy

ゲームのおすすめ曲・代表曲

My Life feat. Lil Wayne

How We Do

Hate It Or Love It with 50 Cent

Westside Story feat. 50 Cent

Let’s Ride

Dope Boys feat. Travis Barker

The Game’s Pain feat. Keyshia Cole

Wouldn’t Get Far feat. Kanye West

ゲームのおすすめライブ動画

CD:USA

AOL Sessions

ゲームのアルバム・ディスコグラフィ

  • The Documentary(2005)
  • Doctor’s Advocate(2006)
  • LAX(2008)
  • The R.E.D. Album(2008)
  • The R.E.D. Album(2011)
  • Jesus Piece(2012)
  • The Documentary 2(2015)
  • The Documentary 2.5(2015)
  • 1992(2016)
  • Born 2 Rap(2019)

ゲームの歌詞・和訳

  • 準備中

ゲームの関連記事・用語・アーティスト

関連記事

  • なし

ヒップホップ・ミュージックのアーティストに戻る

ヒップホップのトップに戻る

ヒップホップの教科書

ヒップホップ(HIPHOP)の教科書

2021年4月6日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です