ヒップホップ用語:ブラッズとは

sponcered by







ブラッズとは

ブラッズとは、アメリカのストリートで活動する二大カラーギャングの片方赤色を身につけていることからブラッズと呼ばれています。

アメリカのカラーギャングは、赤色を身につけているブラッズと青色を身につけているクリップスが双璧をなしています。元々はクリップスがロサンゼルスで誕生して、一気に勢力を拡大したため、それに対抗するために他のギャングが組織化したのがブラッズの始まりでした。

こうしたカラーギャング出身のラッパーによって、ギャングスタラップが生み出されました。ブラッズ出身のラッパー(あるいは主張しているラッパー)としては、ゲームやリル・ウェイン、YG、カーディ・Bなどがいます。

また、ブラッズとクリップスの抗争で身近な人間が亡くなった痛みを表現するためにラップをしているラッパーもたくさんいます。ケンドリック・ラマーの名作『Good Kid M.A.A.D City』も、ブラッズとクリップスが日々抗争している地元でどう音楽に向き合って生きていくかというテーマでした。

written by @raq_reezy

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

  • なし

関連用語

関連アーティスト

関連動画・関連楽曲

関連商品・書籍

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by