ヒップホップ用語:ファンクとは

sponcered by







ファンクとは

ファンクとは、ブラックミュージックのジャンルのひとつです。

その原型は、1960年代にジェームズ・ブラウンとそのバンドによって作られたとされています。1拍目を強調した16ビートのリズムを特徴としています。

1970年代後半にはディスコブームによって下火となりましたが、クールハークは自身の主宰するブロックパーティーで積極的にファンクなどをかけて人気を博しました。

ヒップホップではファンクの音楽がサンプリングされることも多く、ゴスペルソウル、R&Bなどと並んで、ヒップホップに大きな影響を与えたジャンルのひとつとなっています。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップ・ミュージックのサンプリングとは

ヒップホップの醍醐味「サンプリング」とは?元ネタの調べ方も解説

2021年4月5日
ヒップホップとは?4大要素と4つの精神を解説

ヒップホップ文化とは?4大要素と4つの精神を解説

2021年3月6日
ヒップホップの歴史

ヒップホップの歴史をわかりやすく解説。おすすめの本や映画も紹介。

2021年4月6日

関連書籍・商品

関連動画・関連楽曲

関連アーティスト

  • なし

関連用語

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by