ヒップホップ用語:グライムとは

sponcered by







グライムとは

グライムとは、ハウス系の音楽にラップなどを乗せたものを指します。

厳密にはヒップホップではなくハウス系の音楽のひとつだとされていますが、リリックの内容等についても、ヒップホップの影響が観察されます。

2000年代にイギリスで生まれて若者の間で人気となり、2017年にはドレイクがミックステープ『More Life』において、グライムMCのスケプタを客演に呼ぶなど、イギリスの音楽に大きく影響を受けた作風を提示したことで、世界的にも注目を浴びています。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップ(音楽)の種類・サブジャンル

ヒップホップ(音楽)の種類やサブジャンルをわかりやすく解説

2021年4月10日

関連用語

関連書籍・商品

関連動画・関連楽曲

関連アーティスト

  • ストームジー
  • スケプタ

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by