ヒップホップ用語:マイアミベースとは

sponcered by







マイアミベースとは

マイアミベースとは、ヒップホップのサブジャンルのひとつです。アトランタ発祥のジャンルであることから、アトランタベースとも呼ばれます。

80年代に活躍したプロデューサーのマントロニクスがリリースした「Bass Machine」という曲がマイアミベースの原型とも言われています。

90年代には、アトランタの人気プロデューサーであるジャーメイン・デュプリが自身のレーベルから『So So Def Bass All Stars』というオムニバス作品をリリース。これはマイアミベースを扱った企画であり、マイアミベースの全盛期を演出しました。

マイアミベースはパーティー向けの音楽であり、その特徴は、重低音のキックドラムと速めのBPM、露骨で性的なリリックにみられます。その後も、アトランタを中心としたアメリカ南部は電子音の打ち込みによるトラックを利用したヒップホップが発展し、ダーティーサウスやクランクトラップといったサブジャンルに繋がっていきました。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップ(音楽)の種類・サブジャンル

ヒップホップ(音楽)の種類やサブジャンルをわかりやすく解説

2021年4月10日

関連用語

関連動画・関連楽曲

関連アーティスト

  • なし

関連商品・書籍

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by