ヒップホップ用語:大麻とは

sponcered by







大麻とは

大麻とは、カンナビスとも呼ばれる植物でドラッグの一種です。

大麻の取り扱いについては、各国様々で、日本のように禁止されている国から、オランダのように許可されている国まで様々です。アメリカでは、州ごとに取り扱いが違いますが、大半の州で医療用の利用が認められており、カリフォルニア州など9つの州では趣向品としても合法化されています。

アメリカのラッパーは概ね大麻を吸っており、ヒップホップの歌詞の中にも頻繁に登場します。マリファナ、ウィード、メリー・ジェーン、420、グリーン、クッシュ、ジョイントなどは、全て大麻のことを表す言葉です。

スヌープ・ドッグやウィズ・カリファは、特に大麻好きとして知られています。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

  • なし

関連用語

関連アーティスト

関連書籍・商品

関連動画・関連楽曲

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by