日本庭園用語:曲水の宴とは

日本庭園の用語集

sponcered by







曲水の宴とは

曲水の宴とは、平安時代の貴族たちが好んだ遊びです。

具体的には、遣水にお酒の乗った器を流して、それが自分のところに流れてくるまでに和歌を読んでお酒を飲むというもので、平安時代版の優雅な飲み会ゲームといった感じです。

平安時代の池泉庭園は「寝殿造系庭園」や「浄土式庭園」と呼ばれるもので、平安時代後期に書かれた『作庭記』によると、庭の東側の遣水から水を引いて、庭の南側には池をつくるのが一般的でした。これは当時の風水のようなもので、東の遣水は青龍、南の池は朱雀を表しています。

京都の城南宮では、毎年、昭和の日と文化の日に、曲水の宴が観覧できるようになっています。

関連記事

池泉庭園とは

池泉庭園とは?特徴や分類、人気の日本庭園を解説。

2021年9月20日

関連日本庭園

  • 城南宮

関連参考書籍

本記事を書くにあたり、以下の書籍を参考にしています。日本庭園の種類や歴史、構成要素について、初心者にもわかりやすく解説されています。

日本庭園の用語集に戻る

日本庭園の用語集

日本庭園の用語集

2021年8月17日

日本庭園のトップに戻る

日本庭園ガイド

日本庭園ガイド

2021年8月17日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です