ロイド・バンクスが新アルバム『The Course of the Inevitable 3: Pieces of My Pain』をリリース!

最新のヒップホップニュース(RAQ MAGAZINE)

sponcered by







ヒップホップファンの皆さん、待ちに待った時が来た!ニューヨークのラップレジェンド、ロイド・バンクスが、高い期待を寄せられていたスタジオアルバム『The Course of the Inevitable 3: Pieces of My Pain』をリリースした。

このインスタントクラシックには、Method Man、Vado、38 Spesh、Tony Yayo、Dave East、Cormegaとのコラボレーションが含まれ、Cartune BeatsやGeorge Getsonなどのプロデューサーが参加している。

アルバムには「Invisible」という楽曲のミュージックビデオも付属している。

このアルバムを通じて、バンクスはアーティストとして、そして人としての成長を披露している。

「Cliffhanger」や「Opened Gates」などのトラックでは、成功、自己認識、変化について触れ、「Voices」では、彼が脆弱性を認めながら否定的なものを克服する姿が見られる。

「Showers」と「Daddy’s Little Girl」は、父親としての感情を探求するプロジェクトの中で、より明るい瞬間をもたらす。

今年早くも、バンクスは「Movie Scenes」と「101 Razors」を発表し、今回はフルアルバムが登場した。

アルバムのアートワークは、バンクスの成長を象徴しており、カバーには彼の息子の年配版が、彼がラップする痛みを表す割れたガラスのイメージと共に掲載されている。

16曲収録の『The Course of the Inevitable 3: Pieces of My Pain』は、どんなヒップホップファンにも聴くべきアルバムだ。

このジャンルで最も象徴的なアーティストの最新作をお見逃しなく。

The Sourceが報じた。

sponcered by