おすすめ漫画を紹介します

漫画の感想

sponcered by







連載中

『ミステリと言う勿れ』

あらすじ

冬のある、カレー日和。アパートの部屋で大学生・整がタマネギをザク切りしていると・・・警察官がやってきて・・・!? 突然任意同行された整に、近隣で起こった殺人事件の容疑がかけられる。 しかもその被害者は、整の同級生で・・・。 次々に容疑を裏付ける証拠を突きつけられた整はいったいどうなる・・・??? 新感覚ストーリー「ミステリと言う勿れ」、注目の第一巻です!!

『ミステリと言う勿れ』の紹介

ミステリと言う勿れは、主人公の大学生、久能整が身の回りで起こる事件の謎を解いていくミステリー漫画です。

主人公の久能整がわりと淡々としているのが特徴で、ミステリー漫画の王道である金田一やコナンとは、漫画全体に通底する雰囲気が少し違います。簡単にいえば『ミステリと言う勿れ』には、常に温かみのある空気感が流れています

あとは、整が全体的に人の弱さに対して優しい性格をしているのも、なんか心地が良くてクセになります。途中から出てきて、整とデートするようになるライカさんという女性キャラクターも魅力的。

あとは、ミステリーを解くのとは別に、ひたすら整が普段から疑問に思うことについての持論を語ったり、うんちくを語ったりするので、それが好きか嫌いかによって評価が分かれる作品だと思います。(僕は好きです)

『ミステリと言う勿れ』の口コミ・評判・レビュー

★5:タイトル通りで面白い!

結局今出てる4巻まで一気買いしました。ミステリーマニアな人には物足りなかったりするのかな?でも私は犯人は誰かな?というミステリーとしても、その中で語られる整くんの雑学?知識?にも引き込まれました。どっちかというと確かにタイトル通りミステリの謎解きより整くんの雑学、知識の方に引かれるし、謎を解いて、完璧に伏線を回収して犯人が発覚するカタルシスより先に、犯人探し中に整くんが語ることににより、その関係者に与えられる新たな価値観、ものの見方の変革にカタルシスを感じるという不思議な体験ができます。正直事件の真相、犯人よりその最中の、事件に関係ない整くんの知識雑学でスッキリして、あ、そういえばまだ事件解決してない、みたいな。面白い感覚を味わえました。5巻待ち遠しいです。

Amazon

★4:ドラマ化にぴったり

説教・説法マンガ。大変読みやすく、主人公も美しいので、思考停止して信奉者になることができる。あまり普段から疑問を持たず、問題解決のために動かない人にはぐっとくる説法が盛りだくさん。設定や演出にお金がかからないので、リテラシーの低い層のドラマ化にぴったり。普段から考えなければいけない立場で、人とは異なる結果を求められる人にはうんざりするかもしれない。使い古された『だれかの説』をまとめて説法されるだけだから。

Amazon

『葬送のフリーレン』

あらすじ

勇者たちとの記憶を繋ぐ後日譚ファンタジー勇者の死後も生き続けるエルフの魔法使い・フリーレン。かつて勇者たちと冒険した旅路を、再び辿ります。昔も今も旅路を彩るのは、かけがえのない出会いと行事(イベント)の数々――物語は、勇者たちとの日常を思い起こしていく。英雄たちの“記憶”が繋がっていく後日譚(アフター)ファンタジー!

『葬送のフリーレン』の紹介

勇者ヒンメル(人間)、僧侶ハイター(人間)、戦士アイゼン(ドワーフ)、魔法使いフリーレン(エルフ)の4人は魔王を倒したパーティーで、この漫画は魔王討伐を終えて街に帰還するところから始まります

主人公のフリーレンは、何千年も生きているエルフで、ヒンメルやハイターが寿命で亡くなった後も人生が続いていきます。この漫画では、そんなフリーレンの第二の人生・旅が描かれます

一応冒険バトルもので、2巻からは戦闘・バトルシーンもあるのに、全体的に雰囲気がチルい、という異色の漫画です。

というのも、主人公のフリーレンは1000年以上も生きているエルフなので、どんなときも落ち着いていることに加えて、「ゲームの2週目」状態なので、わりと主人公が無敵に近いレベルで強く、バトルがあったとしても、あんまり緊張感や抑揚はありません。

代わりに、全体的にフリーレンと他の人たちの人間関係や温かみの描写を中心に進んでいきます。あちこちに挟み込まれる1回目の勇者たちとの冒険の回想録も、ほっこりとして推せます。

個人的には、主人公のフリーレンのように、あまり他人に関心がないタイプなので、そこも感情移入しながら読めて推せる!

『葬送のフリーレン』の口コミ・評判・レビュー

★5:お勧め

緩やかなファンタジー後日譚。勇者一行が旅を終わり、エルフの魔法使いが人間を知ろうとする旅に出るストーリー。種族の寿命をテーマとして描き、別れと出会いを描く作品でした。「なんて人助けするの?」「勇者ならそうするよ」と簡単なセリフと漫画だからこその表現法、思わず目頭が熱くなる展開、ぜひ手にして読んでみてください。作者のツイッターで今1、2話が掲載中なので気になる方がぜひチェックしてみてください。

Amazon

★5:静かな大魔族戦に魅せられました。

本当に静かで丁寧な冒険ファンタジーでとても魅せられます。

前半のアウラとの戦い。普通の冒険ものなら派手な必殺技が放たれ、爆発が起き、血が流れ、敵の配下がやられ、時には仲間がやられ、そしてついに倒す。そういった読者を引き込もうとする派手なシーンがよくあります。

この作品でもフリーレンは派手な魔法を使うことがありますが、アウラ戦においてここまで静かに決着がつくとは思いませんでした。

もともとすごい魔法使いであることは作中から読み取れますが、キャラクターの活かし方がすごいですね!

正直、仲間たちの方がよっぽどバトル漫画っぽいことをしています。ただ、それでも引き込まれる魅力があるのがこの作品のいいところだと改めて思いました。

Amazon

完結済み

『約束のネバーランド』

あらすじ

母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知った彼らを待つ運命とは…!?

『約束のネバーランド』の紹介

主人公のエマがとにかく「みんなで一緒にハッピーになりたい、誰も切り捨てたくない」という理想に突き進む性格で、現実的な対処をしようとするノーマン(親友)に対して「それは確率の話でしょ。私は確率が低くても、みんなが幸せになる道を選びたい。」みたいなことを言うくらい、理想に振り切れてるんですが、それがハッピーエンドで終わるので読了感がすごく良いです。

僕らは日々、理想と現実の間を行ったり来たりしながら生きていると思うんですが、理想追求モードになりたいなと思ったときに読み返したい漫画

漫画のテイスト的には『鋼の錬金術師』とか好きな人におすすめかも。

漫画の感想

『約束のネバーランド』(漫画)を読みました。あらすじ&感想とか。

2020年12月10日

『五等分の花嫁』

あらすじ

貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところが教え子はなんと同級生!! しかも五つ子だった!! 全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児! 最初の課題は姉妹からの信頼を勝ち取ること…!?毎日がお祭り騒ぎ! 中野家の五つ子が贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!

『五等分の花嫁』の紹介

主人公が複数のヒロインたちにモテるという、王道ラブコメ学園ものです。

ヒロイン5人が5つ子というのがユニークなところです。ショートカットお姉さんの一女、ツンデレな二女、おとなしい歴女の三女、元気はつらつな四女、真面目女子の五女と、それぞれのキャラも立っていて魅力的なので、楽しく読めますです。

そして、久々に学園ものの漫画を読んだ気がします。いちご100%が懐かしい(笑)。

漫画の感想

漫画『五等分の花嫁』を読んだ。感想・あらすじとか。

2020年12月15日

sponcered by